「ほっ」と。キャンペーン

ファン感

ナビスコ杯持った!アンビリバボー!古沢さんお疲れ様でした。あの冷たい中、立ちっぱなし。できんわ~。感謝。

ファン感行ってきた。子供は残したまま。
今年のファン感はすごかった。充実していたね。

やっぱりつだはうまい!すごい。ウェズレイに突っ込めるのは、つだくらいなものだろう。
金崎は、もう選手会長だね。すごいわ。彼はスター性というか、タレント性があるね。というか、根性があるね。リーダーシップというか、周りを魅了する力を持っている(大分が優勝するためには絶対必要な人間であることを今回認識した。)。
やべとの絡みを早く見たいね。岡村さんラブコールで3人の方が面白いかも。

こういうのを見せられると、関西人は貴重だな~と痛感。
池田も清水も、金崎についていく。
前俊は、思ったよりもはにかんでいた。いい兄ちゃんだ。家長のボケもつだのツッコミで救われた。でも、家長もやるわ。関西の血なのだろうか。イメージ違うやん。
大トリの森島は、あまりうまくないんだけど、お笑いが好きなんだろうね。やりたがり屋。最後は、自虐で自分にツッコンでいたが。さすがだね。
さて、芸人ではないんだが、エジと高松と社長はすごい。高松は何もしないのがすごい。ただへらへらしているだけなのだが、それが天然過ぎてていい味出している。
最後はエジと社長でバードマン直行!!この流れはすごい。つだくんすごい、すごすぎるよ。どこまでがシナリオなのか・・・
はっきり言って社長が暴走するからよくわからん。
社長の人間ドックのドキュメント見たい気もする・・・

今回で一番笑えたのが、清武の女装姿にまんざらでもない様子を見せたウェズレイとそこを突っ込んだつだ。
そして、バードマンで地上30メートルに吊り上げられた社長とエジの恐怖に引きつった顔。(ファンボが呼ばれそうになり逃げた場面も面白かった)

今回のファン感は最高だったね。

みんなバカばっかりだった。選手もサポも。
城島でやったというのがまたよかったね。

こういう雰囲気って作ろうとしても作れないね。誰がこんなの作ったんだろうね。鈴木も笑うしかないだろうね。無礼講とかそんなんじゃなくて、じゃれ合っている。「六月の勝利の歌を忘れない」にも似ているが、それともちょっと違う。でも、このメンバーが大分に集まったということは、永遠に忘れたくないね。

来年はさすがに、こんなファン感は見られない?
結果はどうあれ・・・

当分、エジと社長の引きつった顔が脳裏から離れそうに無い。
[PR]
by worsyu | 2008-12-08 14:40 | 地域ネタ | Comments(0)
<< 大宰府天満宮 ジャイアントキリング8 >>