溝畑氏と平松氏

カンブリア宮殿は、我々にとっては結構面白かった。何も知らない人でも、この人の経歴とパフォーマンスに面白さを感じるだろう。ただ、 掘り下げ方が足りないが・・・。テレ東なので仕方ないか。でも好意的に取り上げていたと思う。
この番組は経済系なので、社長の言葉を取り上げて、逆境から抜け出す哲学やコツを拾い出そうとしている。成功話に書き立てている。
しかし、イチローではないが、記録を打ち立てて、その感慨に浸っている時間が長いほど、満足しているほど、そこから衰えが始まる。
ナビスコ優勝は地方からでもできることを証明しただけ。しかし、冷静にずっと見てきた人(私)とっては必然でしかない。原因があって結果がある。その原因は、社長の力だけではないし、監督の力だけでもない。選手の力はもちろんのこと。サポーターの力もあるし、県民の力も支えている。マルハンを始めとするスポンサー各社のおかげでもある。
それらを集める熱を作り出し、維持し、さらに盛り上げる努力をしないといつ消えてもおかしくない。参加することの楽しさをもっと多くの人に。たとえば、ボランティアという言葉があるが、これは単に富者が貧者に対して行う慈善事業ではない。金では替えられない幸せを貰うためにする行為であって、同列なのだ。
この熱は社長だけでは作れない。それは一面であって全てではない。しかし、それがないとできなかった。おたがいに感謝し合うことで絆が本物になる。
まだ、足るを知らず。
カンブリア宮殿で村上龍氏が少しだけファンになってくれたなら、それだけでいいかな。(無いと思うが、一度でも見にきて欲しいものだ。)
溝畑氏が平松氏にダブって見えた。(昔の竹村氏との対談にも似た感じ。それは、中央から地方への好奇の目というのがある)もちろん、平松氏よりも好意的に今は見れるかな。
何度も言うが、私には地方というコンプレックスはあまりない。それはトリニータがあるからというわけではない。個人としてもっと世界を見ていたいから日本の中((特に東京のマスコミ発信)だけの嵐は気にしない。
トリニータに勇気を貰う一方で、我々もトリニータに勇気を与えたい。同様に愛を与えたい。
違った分野でも遠い世界に生きていても絆を持ち続けたい。
[PR]
by worsyu | 2008-12-30 12:05 | ひまネタ | Comments(0)
<< PPから世界を見る 時の人ではある >>