「ほっ」と。キャンペーン

熊本は盛り上がっていたようだ

まあ、この面子で点は取れないわな。
それでも、よく前半1点取れたものだ。これは幸運だった。しかし、これで安心したのか、緊張感の無いプレイが続き、追加点は取れなかった。
すると、後半、セットプレイで同点に。日本の壁?高木、寺田の長身DFは何のためにいるのか?
イエメンは引き分け狙いで閉じこもり。しかし、サッカーはそんなに甘くない。いくら日本に決定力のあるFWがいないからといって、そんなことしたらいつかやられるよ。巻が入って、FWとしての形が整ったところで、こぼれ球を田中が決めた。セットプレイで競り合う駒がそろったことでマークが外れたわけだ。
しかし、まあ、熊本は結構盛り上がっていたねえ。今の日本代表戦でここまで盛り上がるのはここだけだろうか、と思われるくらいに。
巻の人気はすごいね。
金崎は、最後の最後に使われた。周りと合わないねえ。ミスもあったが、あれはあれでいいのでは?短い時間で結果を出そうと彼も必死だったようだ。
サッカーは8回の内2回成功すればいい。そのうちの1回でも決定的な仕事ができればいいのだ。それは運ではない。積極的な働きかけ、攻撃する心がないと、そういう仕事は結果として残らない。だから、最後のスルーパスができたのも、それまで失敗があったからこそできたのだ。そして、もう少し長い時間があれば、もっと仕事ができただろうに。
今の代表は、ミスをしないようにすぐ球を離す。リズムを刻み、心といっしょに球を預けているのではない。攻めるふりをしているだけで点を取りに行っているわけではない。
こんなところでサッカーやっていても、うまくはなっても、強くはならない。
監督のやりたいことがさっぱりわからない。このままFW不在のまま行っていいのだろうか?オシム氏は日本人FWを見出し、磨き上げることを放棄したのだが、岡田監督もそれを継承していくのだろうか。
回り道かも知れないが、日本人FWを育てていかないと、次のステージには上がれないだろう。
長年、Jリーグは日本人FWを育てず、外人FWに頼ってきたツケが廻ってきただけのことなのだが。

ところで、田中達也の髪型には驚いてしまった。これは狙って決めてきているから不幸である。周りによっぽどダメなやつでもいるのだろうか?誰か言ってやれよ。カワイソスギ。格好いいのに・・・
マッシュルームカット-毒キノコカットとでも言うのだろうか?
デトロイトメタルシティーのボーカルの変身前のカットのようにも見える。
それとも、これが我々凡人にはわからぬスタイルというものなのだろうか。
[PR]
by worsyu | 2009-01-21 18:11 | サッカー | Comments(0)
<< 東京ドロンパ? 阿部真央 >>