新ユニ見た

新ユニを見せてもらった。TVの画像で。
やはり、磐田や清水と同様のデザインだった。
肩から鎖骨に沿って流れる黒のラインは、大胆である。
また、半調の柄を襟周りに施すことで、フード付きのデザインか、あるいは一見セーラー服の襟をも連想させる。女性的なデザインともいえる。
大分の場合、胸スポが無いため、このアクセントは、あってもいい様に思える。他のクラブがスポンサー名が入るためにユニの魅力が半減するのに比べて、大分は純粋にメーカーのデザイン性や意図がストレートに反映される。プーマのいわば見本(サンプル)と化している。
上下同色なので色調としては統一した一体感がある。
しかも、今回、今までよりも若干淡いブルーになったことで、若さ、海、躍動感、そして、イタリアを連想させてくれる。洗練さも加味したといえよう。
サポにとっては、シャツの上から着て、さらにジャケットを羽織れば、結構、決まる。生活の中で着ても、そんなにおかしくない。いろんな組み合わせ方や工夫次第で、大分でなければ、ユニがそのままカジュアルなワードロープとなる。
そして、何よりも星が一つついた。

変化を受け入れる度量と、さらに我々が洗練していく決意を示した新ユニと捉えたい。
頭の固い人は、時の流れが解決してくれるだろう。
[PR]
by worsyu | 2009-01-25 03:44 | サッカー | Comments(0)
<< ヒトラー最後の12日間 東京ドロンパ? >>