「ほっ」と。キャンペーン

気合を入れて応援だろう

残念な結果となった。
2-3という結果は残念というしかない。
先制した点で、今年の可能性に希望が見えたし、私が思っていた感覚に近いものがあった。しかし、FWで点が取れていない点がやはり不満である。前半、金崎は飛ばしすぎ。全体の流れを良くするために周りを生かすことも考えて欲しい。
後半に入り名古屋がペースアップ。ここを凌げれば逆にチャンスとなったのだろうが。次第に運動量が減り、ズルズルと後退。攻撃の糸口も見出せず。失点が重なる。ダヴィのパワフルな動きはバレー並み。
畳み込まれたことが問題。相手の流れにさせてしまったこと。そしてそれに抗す術を取らなかったこと。
3バックは決まると気持いいほど良いのだが。3人のあうんの呼吸が無くなるともろい。深谷の穴は大きい。DF陣が個人の力で跳ね返してくれるから攻撃に比重が掛けられるのであって、そこが不安になると攻撃どころではない。それこそカウンター+セットプレイに頼る形になってしまう。
かと言って4バックにしてしまうと連携がおかしくなってしまう。これまで積み上げてきたものが生かせない。むしろカバーリングをすることで4バック以上のことができるはずだ。そのあたりの細かい調整がまだできていない。実践しながら守備も攻撃も精度を上げていって欲しい。

しおらしくなった赤菱サポのようなことは言いたくない。なかなかいい試合ではあった。勝つべき試合ではあった。せめて引き分けができた試合であった。修正すべきは意外とちょっとしたことなのかも知れない。Jリーグの感覚?

これで次の京都戦は絶対勝たなければならなくなった。ホームの力で3連勝(ナビスコ含む)と行きたい。そして埼玉へ。
今年は、前半戦、大分にとってホームの試合が比較的多い事に気がつく。つまり、早く連勝して首位に立つことが大切なのだ。そして、それは、たとえ首位に立っても一時的なものであるということも示している。
6月28日の鹿島戦に向けて。その時点で鹿島よりも上にいることが大切なのだ。そして、去年の神の手のリベンジを果たして欲しい。
そして、得失点差を10点台に載せて欲しい。17試合で勝ち点は25点~29点希望。
[PR]
by worsyu | 2009-03-08 10:44 | サッカー | Comments(1)
Commented by にいたん at 2009-03-09 08:57 x
神の手ありましたね(笑)あの瞬間を目の前で見ていた
ウェズレイの顔が忘れられません。
<< 金賢姫-美貌の魔力 シャムスカイズムを構築せよ >>