WBC連覇

WBCは日本の連覇という結果となった。
野球はメンタルなスポーツだなあと痛感。
そして、野球は紛れもなく日本の国民スポーツであるということも実感。
昔、野村謙二郎が引退の時に広島の子供に向かって「野球はいいぞ、野球はおもしろいぞ」と言っていたのを思い出した。野球は多くの日本人に愛されているスポーツといっていいだろう。

勝因は、いろいろあるだろうが、まず、ピッチングスタッフが充実していたことに尽きるだろう。今大会の中でも質、量共にずば抜けていた。(あのキューバに2回とも勝ったということがとにかくすごい。)
打てなくても勝つ野球の前提となっているのは、投手陣が充実していることだ。
次に、監督がブレなかったこと。原氏はこれで押しも押されぬ日本を代表する監督の仲間入りをしたね。イチローを最後まで代えなかったことが最後の場面にもつながった。投手交代も原監督の意思を貫いた。使われた選手がそれぞれ活躍した。期待に応えた選手と監督コーチ陣の精神的な信頼関係も作れた。
信じる力を共有できたことがチームの力となって結実した。(イチローが神がかりというよりも、原氏の方が神がかっている。)

スモールベースボールもしくは、日本の野球というものが、今回の大会で確立したと言える。守りをベースにし、効率的な攻撃で得点に結びつけるというスタイルが世界の頂点に立ったわけだ。物まねではない、これが日本スタイルというもの。日本の土壌から作り出し、年月を掛けて育んできた結実としてこのスタイルが出来上がった。一見、韓国と日本との実力差はそれほどないようにも見えるが、緻密さに掛けては日本の野球はかなり先を行っている。まねができない域がある。
面白いベースボールよりも勝つ野球の方が優れていることを証明できた。
ヒットエンドランや牽制、バント、中継プレイ、走塁。
野球はピッチャーと打者の1対1の対決だけではない。
大分のサッカーに置き換えてみても十分理解できるではないか?
誇りを持って戦っていこう。
頭を使う。流れをつかむ。スピード。守備のミスをしない。ミスをしても引きずらない。組織の力を信じる。勝負にこだわる。
そのためには緻密な戦術と技術が必要だ。
これこそが、大分のサッカーとなって欲しい。シャムスカのサッカーというわけではない。
[PR]
by worsyu | 2009-03-25 12:43 | 時事ネタ | Comments(0)
<< 虎の尾を踏んだ男 やり得 >>