道のりは険しくとも

9人でも負けない。
闘う気持が前面に出せた。
家長が先発できた。
全てをプラスに。
信じる思いを力に。
サポも闘った。

日本サッカー界を牽引する気持で戦え!

誇りを持って。
その先を求めて。
権威には負けない。
挑戦。

われわれがやっているのはリアル闘いなのだ。
われわれの言葉はそれだけ重いのだ。
存在自体が希望であり、革命でもある。
ひとりひとりの気持ちを紡いでいけば必ず道ができる。
毎日、一分、一秒が闘いなのだ。

バカに成れなきゃ勝負にならんよ。最後にはバカが勝つんだよ。
闘いの錦の旗を揚げよう。
[PR]
by worsyu | 2009-03-30 01:30 | サッカー | Comments(1)
Commented by 在京トリサポ at 2009-03-31 01:27 x
相変わらず熱いですね。この熱さがいいんですよねー。我々は「サポーター」なんだから。その姿勢に熱烈な支持を送ります。某メインスタンド系ブログには、9人で戦い抜いた選手の頑張りに、「自作自演」という評価(評論)がなされていました。そういう目で見ればそうなんだろうけど、そういう評論は大分のサポから聞かされてても違和感があります。
<< 黄色いユニ 虎の尾を踏んだ男 >>