「ほっ」と。キャンペーン

力及ばず

何だかちょっといかんね。
確かに金崎がいないという点、途中、けがで退場した森重の存在。けが人続出でその穴が埋まらない。
攻撃が合わない。もっとシンプルでいいのではないか?と思わせる場面がいくつかあった。球といっしょに気持ちを伝えないとパスにはならないよ。形ができても結果が出ないのはそういう面もあるのではないか?何をしたいのか、イメージの共有ができていないから、パスが乱れる。

この時期の低迷は長引けば長引くほどチームにとってダメージが大きくなる。スタートに失敗したという結果を厳粛に受け止め、その原因を突き止めること。そして、対策を講じて早く結果を出すことが大切だ。
とにかく走るしかない。みんなが動いて、チャレンジすることで道が開けることもある。依頼心で特定の選手に頼っていたら、その反動が大きい。今、新人を多用していることは、そういう気持ちを抑える意味はあると思う。
何ができて何ができていないか。去年までの成功体験に埋没していたらだめだ。既にプロットの一つ、深谷は今いないのだから。
がまんできない。耐え切れない。
相手は大分の守備が怖いのだ。何度アタックしても牙城が崩せない。だから、がまん比べをしている。先制点を大分に取られると大分の勝利の方程式にはめられてしまう。だから大分の弱いところを攻めて、深追いしない。大分ががまんできなくなるまで待つ。一度緩んだ守備は立て直すことが難しい。
山形は賢かった。でも、前半、1点取れなかったことによるショックの方が大分側に残った感じがした。一瞬の心の隙間にマークが外れた。
ところで、今年のゴール裏は、何だか違う。お行儀良くなった代わりに熱が感じられなかった。微妙な感覚なので、これは勘違いかもしれない。
勝たせてやりたかった。力及ばず、だったね。
これで、かなり厳しい戦い方をしなければならなくなった。当初の目標値の見直しが必要となった。それから、戦力の整備をしていく必要もでてきたか・・・

今のチームは金崎が要。これは間違いない。これに家長が加わることが急務となったと思う。これでだめなら仕方がない、という形でいくしかないではないか?「オプションという選択肢」とか言っている場合ではなくなった、と思うが・・・
まだ間に合う。
[PR]
by worsyu | 2009-04-13 11:54 | サッカー | Comments(0)
<< 演技力 大分叩きいらっしゃ~い >>