やっぱ負けたか鹿島戦

どうしても仕事が抜けられず、ビッグアイに行けなかった。結果を見ると行かなくて正解だったかなとも言えるが。
J’Sゴールの速報を見ながら、前半0-0。う~ん、まずまず。飛ばしすぎが心配。後半の入り方に注意かな。
と、いきなり失点。基本の基じゃないか。ん~もう。
大分早く動けよ。と思っていたら、鹿島は温存していた小笠原、本山を投入。それにあわせるように大分は高松投入。
試合はこう着状態。試合も最終盤、と、画面がいきなり変わる。しかも、2、3。ほとんど病気の大分名物の連続失点。
私が言うのもなんだけど、ライン浅くして守りの時は、誘うぐらいの意識で、絶対対面の位置の確認、そして、中央のケアに回らないと。攻撃的というのは、前がかりという意味ではないはず。
夜、NHKでの録画を深夜放送で途中まで観る(眠くて眠った)。
あの松橋のダイビングヘッド。決まれば男になっていただろうにね。いい走りで裏まで出るには出るんだけどね。直線だけじゃ、走り勝っても、その後のシュートまではいかないよね。オーウェンのような切れと上手さはないね。まあ、和製オーウェンはやはり浦和の田中かな。今のままじゃ途中出場の引っ掻き回し役のままだよ。でも、まあ、先発で、いい働きしてたよね。使い続けていけば、結果が出てくるかも。期待しよう。
マグノは気負いすぎかな。あれほど、ふかすな、と言っていたのに(勝手に言っていただけだが)。鹿島も上手く付いていたし、コースは消されていたかな。
やっぱ、鹿島、上手いなあ。強いというよりも上手いといった感じかな。試合の流れをみんなわかっているね。修正できるよね。
前半0-0というスコアで喜んでいたのは、鹿島だろう。主力を温存していたので、後半勝負という戦術通りに進んだわけだから。しかも、大分は飛ばしてきたから、後半に落ちるのはわかっていたはず。後半開始早々の1失点。リスタートのFKから。セットプレイの失点は、前節名古屋の教訓が生かされていない。「あんなに苦労して、走り回って、アグレッシブに攻めたのに点が取れなかった。それが、こんなに簡単に失点かよ」と選手たちは思うだろう。ガクンと気がなえるよねえ。精神的な弱さというよりも、それが普通だろう。「セットプレイからの失点は絶対止めよう」と言っていたかどうかしらないが、言っていたら、みんなショックだったろうね。
大分が勝つには、1-0しかなかった。そういう意味では、流れを寄せる意味で攻め続けるのはわからないでもないが、それが通用するのは、下位チーム相手の場合。ここは、攻めながらもバランスを考え、飛ばしすぎないことが大切だったのでは?相手を疲れさせ、力を温存し、相手のバランスが崩れるのを待って勝負しても良かったのでは?小笠原、本山、中田が出てくる直前での得点を目指すべきだった。結果的に、0-1で負けていたにしても、それが本来、勝負にこだわる戦術だと思うが。(日本代表と戦ったシンガポールのように-まあ、それ以上のことはできると思うが)
勝負抜きで松橋のテストや小森田の経験を積ませたというのなら、仕方ないとは思うが。まあ、後2試合を考えての戦術なのかも知れないけどね。
う~ん。
みんな、広島行くのぉ?正直迷っている。
でも、やってくれそうな気もするよね。広島も磐田を破って好調だけどね。
[PR]
by worsyu | 2004-11-22 02:33 | サッカー | Comments(0)
<< やっぱ広島行くべ 2004韓流ブーム >>