「ほっ」と。キャンペーン

水道橋理論

以前、一年前くらいに話したと思うが、髪の毛について、どうすれば薄毛にならずに済むか。
その時、水道橋博士の推論に私は共感し、実践してみた。すると最近何となく髪の毛にコシがあるような気がするのだ。以前よりも太くなったような気がする。読み直すとその時も何となく感じていたみたいだが、今はさらにそれを実感する・・・

水道橋博士の推論はこうだ。
作家の五木寛之氏は髪の毛を洗わないことで有名だが、あの人の髪の毛はふさふさである。つまり、洗い過ぎが良くないのではないか?という推論から考察を進める。
人間の体というのはうまくできていて、頭皮に限らず顔などにしても脂を取り去ると補給しようとする作用が起きるのだ。つまり、顔ににきびができている人もそうだが、洗いすぎは良くない。頭も洗いすぎることによって体の内部から「脂が不足している」という指令が出てジワリと染み出てくるようになる。乾燥と脂づけの繰り返し。終いには常にそこに脂分を供給し始めるから、にきびになったり、頭髪が細くなり、抜け始める。人間の自然のサイクルを壊しているのだ。
(この脂は体の中から出てきているものであって、外部から付けられたものではありません。同様にどんな栄養剤を頭皮に与えても無駄ですし・・・ちょっと考えればわかるでしょう?理性を失わないで。)

男性に限らず、女性の方にしても頭髪に悩んでいる方がいたら、考えてみて欲しい。
TVでさかんに宣伝しているのは、眉唾ものである。おそらくシャンプーは洗浄力が弱いやつを高値で買わされることになるだけだ。実際、それだけで改善するだろう。しかし、本質は洗わないことによる効用なのだから、高い金を出す必要はない。
私がお勧めしたいのは、今までシャンプー液を大量に使い、また、2度、3度洗いしている人がいたとしたら、まず、1回にすること。しかも、半分の量で十分。そこから始めて貰いたい。勇気がいる。恐怖との闘いだ。しかし、それをやっていくと、頭皮に脂が浮くことがなくなる。指の腹で触っても脂がつかない状態になる。体が覚えるのだ。頭皮がそうして健全な状態になれば、後は、自力で髪の毛が伸びてくるのを待つしかない。それでも伸びてこなければあきらめるしかないけど。少なくとも、頭部顔面から不要な脂分はなくなると思います。まったくなくなっても困るもので、脂分は頭皮にとっても必要なものです。まったく洗わないというのは、私もお勧めできません。私もそこまではやっていませんので。それをやるとどうなるのか?
まあ、信じない人は信じなくて結構です・・・・
どうでもいい話といえばそれまでですが・・・
みんなが幸せになって欲しいから。くだらんマスゴミ-TVに惑わされないように!CMに出ている芸能人にも責任があると思うよ。知らなかったでは済まされない。知らないわけがない。

(社長がこのブログ見ていたらなあ・・・本来は社長に言うべきなのかも知れんが・・・もし、社長に髪の毛が生えてきたら私のおかげ?かも・・・んなこたぁないか・・・・
これも絆ということで・・・
やっぱり、あの頭じゃなきゃ面白くない、という人もいるかも知れないが、まだ彼も若いんだし、再婚する機会もあるだろうし、ね。)
[PR]
by worsyu | 2009-05-29 13:02 | ひまネタ | Comments(0)
<< もろもろ Jリーグ黙認 >>