「ほっ」と。キャンペーン

カモメも楽しむサッカー

なぜ、ケーヒルをマークしないのか?不思議だった。
阿部はどこにいたのか?
ケネディーはそんなに怖くないのに。中沢がいない、という言い訳が通用するかどうかも疑問だが、いても勝てなかったのではないか?
それから、岡崎もこのレベルだと通用しないね。つぶれるFWがいないと。矢野は何のために入ったんだろうね。またぞろ帰化FW待望論が出てくるね。いいじゃないか予選敗退したとしても。それが実力なんだから。

それにしても、いい試合だった。緊張感ある雰囲気といい、選手たちの気合の入れようといい。スタジアムは銅鑼や太鼓は無かったけれど、みんな試合に集中していたし、楽しんでいた。

このレベルだと、ミスが少ない。しかも、プレスの掛け合い。後半、いつものように日本は運動量が落ちた。サッカーは格闘技の要素があることを改めて教えてくれた。
オーストラリアのような試合をしたい。トリニータもミスを少なくし、後半でも勝負できる鉄壁の守備力が欲しい。そのためには、やはり、4バックなら、結城のような身体のがっちりした選手が1人欲しいよね・・・・それから、体力、走力も。

「NIPPON FOREVER IN OUR SHADOW」という横断幕。英語なら格好いい?こういうことするのはどうだかね。
日本はいつまでたっても俺たちの影でしかない・・・なんて。つまり、平たく言えば「お前たちが俺たちを越えるのは100年たっても無理だよ!」みたいな感じだろうか。
まあ、これに対抗しようとする輩は、あそことあそこのサポぐらいだろうか。でも、それが格好いいと思っているんだろうね?中国から「小日本」「鬼子」と揶揄されるのとどれだけ違うというのか?
日本サポも似たり寄ったりの弾幕張っていたけどね。微妙に醜いね。しかもなんだかセンスがない。つまらん。これがあるからサッカー文化なんだとか言われると悲しくなってくるね。
もっとも、必要以上に感情を押さえ込むことは、逆に傲慢だと言えるし、不自然だが。境目が重要だ。謙虚さと余裕がないと醜くなるものだ。つまりユーモアだ。単なる皮肉や嘲りに見えたら失敗になるんだよ。人間の民度の低さが見えてしまうからね。

カモメがスタジアム内を旋回していたが、ニュージーランドなんかでもよく見られる光景だ。人を恐れていないよね。南半球の楽園ぶりが垣間見えた気がした。
[PR]
by worsyu | 2009-06-18 14:28 | サッカー | Comments(0)
<< 西川よしえ ひまな話 >>