天王山を戦った相手と

いい試合ではあったと思うよ。
前半の身体を張った守備、エジの精一杯足を伸ばして、身体を入れて球を取ろうとする姿勢。そこから何度かチャンスも生まれた。
後半、ようやく1点が入る。先制点というのは、やはり意味がある。きれいな流れではあった。美しすぎた。ここまで苦労しなければ点が入らないのか?これで燃え尽きたとは言わないが、気持ちが緩んだ。これはもうどうしようもない。2点目を奪いに行く王者のメンタリティーは望む方が酷か・・
鹿島の反撃が始まる。押し込まれる。身体を張って耐えるが、いつまでもこんなことされていたらいつかやられる。エジの他にもう一人必要だ。ホベクラスが必要。球を上げられたらだめだ。いつか合わせられる。鹿島クラスだと、どこからでも合わせられる。飛び込む相手についても一瞬遅れてしまうときがある。上げる相手にもプレッシャーを掛けないとだめなのだ。
さらに逆転されたシーンは、もう集中力が切れた状態だった。
もちろん、鹿島に勝ちたかった。しかし、そのためには、技術的に足りない部分が多すぎた。
去年だったら、1点先制していたら、相手が諦めるか、またはあわてていただろう。今年は、その逆だ。守っていても余裕が感じられない。精一杯。もっと楽しく守りたい。去年は守っていても楽しかったと思う。
去年の天王山の鹿島戦で1点入れていたら。勝てていただろうし、優勝の可能性もあったかもしれない。しかし、今年は逆。1点入れても負ける。去年天王山を戦った相手として、意地は見せることができたかな。そこまでだったが。
見ていて、よく辛抱強く戦っているなあ、と思う。気持ちが折れたら3-0、4-0の試合が出てくるからだ。1点差負けが続くというのも、良い方に考えればまだまだ精神的にがんばっているということが言えるだろう。
最終的に監督と選手の信頼関係が揺らいできたらおしまいだろう。そのきっかけがつかめない以上、最終判断を下すしかすべは無いのかもしれない。責任は負わねばならない。本当に悪いのは選手だったにせよだ。
それで好転するという保証はない。しかし、原因がはっきりしている以上、そこを補強する以外に建て直す術はないし、選手たちがスタイルの継続をしていけばよいこと。誰でもいいのだ。
以前、前半で勝ち点が2けたに届かないとしたら降格は決定的だろうと言った。残された道は奇跡しかないだろう。奇跡を呼び起こすためにサポにできることなんて限られている。でも、今、選手は諦めていないし、戦っている。もっと楽に試合を運べるようになれば、試合の流れをコントロールできるようになれば、好転し始めるだろう。
最終的に結果がどうであれ、選手たちの戦う姿勢に、私は勇気付けられた。
もちろん、引き分ける力もなかったわけで、対等に戦えたとは思えない。ただ、気持ちはこもっていたし、感じた。
サポの応援も好感が持てた。いっしょに戦っているのは確かだ。その先に光明があるかどうか、それは信じる力によるだろう。
[PR]
by worsyu | 2009-06-29 10:55 | サッカー | Comments(0)
<< 本当の絆 エヴァ:破 >>