「ほっ」と。キャンペーン

やっぱ遠かった。

広島は遠かった。疲れた。もう若くないってことか。眠くて、最後の方は幻影を見たよ。ハンドル切り損ねかけた。
広島のビッグアーチは、街中にあって、交通の便は良い。アストラムラインという電車がある。高架になっていて、近未来的。大分にも、こんなの欲しいなあと思いつつ、経営が大変だろうから、安上がりが一番ということで。(第3セクターでやっているらしい。大丈夫なのか?)
スタジアムは、大分ビッグアイの方が断然良い。まず、シートが熊本同様、ベンチだった。背もたれがない。これは本当に「金返せ」っていいたくなる。カラービジョンが見づらい。これじゃあ、大きなイベントには使えないな。屋根はメイン側だけある。お粗末なのだが、ただ、一番大切な芝生は良い。これは完全に負け、だ。
DJは、大分のいつものTOMGの方がいいね。何しゃべってるのか判らんかった。でも、我々大分から来たサポーターに対する感謝の言葉と共に、西日本の代表として今シーズン戦ったことに対し敬意を払ってくれた。とても好印象を持った。「広島はヤクザっぽくて怖い」といった印象はなかった。サポーターも総じて静か。サッカーをじっくり見ているといった感じ。あまりぎゃあぎゃあ騒がない。大人?
我がトリニータサポは、決して応援では負けていなかったと思うよ。広島の人たちも大分からこんなに来るとは思っていなかっただろう。試合は、0-0だったが、想いは選手にある程度伝わったのではないかな。
広島のGKの下田がやはり素晴らしい。落ち着いているし。高崎もPK止めたり、決定機を止めたりと、がんばったが・・・。大分側のMVPは文句なく高崎だろう。
点が取れない。これは、もう、4-4-2に戻して、スピード勝負で行った方がいいのでは、と思うけどね。中盤の両サイドに大きな穴が出来るのが凄く気になる。
個人的に言うと、松橋は、ボレーキックの練習をしていた。
マグノは、少し疲れていた。
吉田は、あそこは、前なら決めていたがなあ。切れがなかった。
中盤が目立たない。組立てができていない。相手を崩していない。機能していない。溜めが無い。
有村が持ち込む場面があったが、その後が続かない。有村も冷静に、つなぐことを意識してプレイして欲しい。
審判の判定は、細かいところはよく見えなかったが、吉村の場面は、なぜ、あれがレッドなのかわからなかった。悪質と見たのだろう。サンドロの場面は、挟み込んだだけなのでは?という感じだったが手で押したかひっぱったか何かしたのかもしれない。
広島の毎度のワンツー壁パスが何回も通る。それしかないのに、誰も止めない。ゾーンに縛られすぎ。止められないのではない、止めないのだ。広島はマンツーマンで中には入れなかったというのに。寄せが甘い。小林さん、守備コーチで戻ってきてくれ?
[PR]
by worsyu | 2004-11-24 12:52 | サッカー | Comments(0)
<< 解雇の季節 やっぱ広島行くべ >>