甲本を聴きながら

リシャが通訳をやってくれるようで、ありがたい・・・この人のおかげで持っているところはあると思うよ。
下部組織ではなくてはならない人だろう。人望も厚いし・・・・

ところで、最近は、何故か甲本のCDばかり聴いている。
歌詞が身にしみる。いい歌ばっかりだ。というか、日本のロックだなあとしみじみ思う。
そういうトリニータもロック街道まっしぐら。結構、格好いいじゃないか。
トリニータの風に吹かれて・・・・ナンテネ
今年は乗れる歌がない。なんか欲しい。後半戦に向けて何か欲しいね。去年のSEEOFFみたいな・・

トーシロから、「あそこバッカじゃねえの?」と言われるくらいになりたいね。バカだの糞だのと言われながらも、どこかで認められている。一種の憧れも含まれたバカ呼ばわれされるくらいになりたいね。
甲本がバカっぽく歌う唄はロックだよ。それをバカと呼ぶか、それとも、真実を見つけて感動するか。
ちっぽけなことが大切。言葉は凶器にもなるし慰めにもなる。歌は心の叫び声でもある。
本物の声は強制されて出るものじゃない。
心のこもっていない声はたとえ大きくてもただの音でしかないんだ。

最近、無性にトリニータのTシャツが欲しいと思うことがある。オリジナルのデザインで自分なりのTシャツ。知らない人はわからないようなTシャツ。
オリジナルデザインのトリTをブログで紹介してくれないかなあ。どこか。
そして、Tシャツ好きの甲本もうならせるようなTシャツがほしいなあ・・・
[PR]
by worsyu | 2009-07-08 12:28 | サッカー | Comments(0)
<< プロフェッショナルとしての仲間へ 本当の絆 >>