ダサイ族?

赤菱サポがいつものようにペットボトルを投げ入れたとか・・・また、30日の日にはフジTVのクルーに対して威嚇、暴力を振るったという。
おそらく、多くの赤菱サポはこう思っているんじゃなかろうか。
「このくらいいいじゃないか。中にはそういうやつもいるよ。そのくらいの元気がないとサッカーじゃない。他のクラブにもそういうやつはいるだろう。なぜ、浦和というだけで槍玉に挙げられるのか。おかしい。違反したのなら罰を受ければ済むことだ。それだけのことじゃないか。俺たちの力でJリーグ人気を支えているんだ。いったい俺たちを誰だと思っているんだ?人気チームだから、仕方ないのよねえ」ってか?

ちょっと違うんじゃないか?みんな迷惑しているんだけど・・・迷惑千万!!

去年もピッチにペットボトルを投げ入れている赤菱サポがいました。クラブは抗議しなかったのでしょうか?(私は、今年から赤菱サポに対してはペットボトル持込禁止になると思っていたが・・・・)しなかったのでしょう。ガンバに対しても自粛要請はしなかったでしょう。
マスゴミは赤菱や鹿、その他関東のコアサポを取り上げて面白がっているが、中には真面目に応援しているクラブのサポーターもいるわけで、なぜ、そういうところを取り上げ、また評価しないのだろうか?サッカーをつぶそうとしているとしか思えない。

沖縄の宜野湾署が暴走族に対して「ダサイ族」という名称を付けてイメージダウンを図ろうとする運動があったが・・・・

我々が彼らに対してできることなど何もない。
ただ、我々は最下位にあってもチームを信じ、選手を鼓舞し、いっしょに闘った。マスゴミは何か起こればいいのにという思惑で狙っていただろう。しかし、その挑発には乗らなかった。
「つまんねえの」というマスゴミの声を背に受けながら、我々は誇りを失うことは無かった。
逆に、負けて、切れて、暴れることで誇りを得るという輩がいる。ひいきのひいき倒しというやつだ。

私は、ここで何度も言っている。
悪いのはマスゴミとそれに乗じて騒いでいる輩である。話題性の創出という点で利害が一致しているから成り立っているのだ。この連鎖を断ち切ることはできないのだろうか?
Jリーグ自体が教育や規制をしないのだから、容認していると見られても仕方が無い。
関東においては、サッカーは、青少年、婦女子が安心して観戦できるスポーツにはなっていないのだ。

サッカーを見ているやつ、やっているやつは、ああいうやつらなんだと思われたらたまったもんじゃない。
「NO」と叫ぶ。だから、何度でも否定し続ける。ここで黙っていたら、これまでの苦労が台無しになってしまうじゃないか!
赤菱や鹿角などが格好いいと思う人は、どうぞ、あちらで大いに暴れて欲しい。

P.S.最近、街中や新聞でトリニータのTシャツを着ている子供を見かける。これはいいことじゃないか?私も休日にはグッズを身に付けるようにしている。
[PR]
by worsyu | 2009-08-01 14:06 | サッカー | Comments(0)
<< まあ楽しめたかな ゴールデンエイジ >>