「ほっ」と。キャンペーン

きれいなサッカー

サッカーで、GK+DFが強ければ、負ける確率は低くなる。しかし、点を取らなければ勝ちはしない。それでも、相手がミスをすれば点が転がり込んでくる場合がある。
カウンター、リアクションサッカーに徹しても、ゴール前で2対1の場面を作り出すことはできる。
一昨年の暮れ、私は、いみじくも提唱していた守備力の強化でこのチームは強くなると言ったことが去年はその通りとなった。
シャムスカの築き上げたサッカーは弱者のサッカー。守り勝つサッカー。チャンスを逃さないサッカー。厭らしい、泥臭いサッカー。勝負にこだわるサッカー(トーナメント用サッカー)だった。
みんな、カウンターサッカーがつまらないというが、要は、いかにしてゴール前で2対1の場面を作り出すか、なのだ。カウンターはリアクションゆえ、相手が崩れないと決まらない。しかし、崩す努力、相手を誘い出す努力をしていけば相手の守備が何度か乱れる。隙が生まれる。
パスをいくらつないでも2対1は作れない。1対1で勝負しなければ、相手は怖くない。

原氏は、今季の戦いを見て、「根本的にサッカーを変えなければだめだ」、と断定した。しかし、それは、今まで積み重ねてきたものを捨てて再構築しようとするのであれば、時間と手間が掛かるもの。人材の入れ替えも必要となる。1年や2年でものになるかどうかもわからない。それでも、踏み出したのであれば、J2陥落はもちろんのこと、しばらくJ2暮らしが続くことを覚悟の上の決断だったといえようか。

昨日の試合は0-2という結果に終わった。これは、守備を犠牲にして攻撃に専念するという手法が徒労に終わったということを意味している。去年までの楽な試合展開と打って変わって、へとへとになって試合終了と同時に崩れ落ちる選手たち。しかも結果は最悪。それで楽しいのだろうか?逆に神戸に去年の大分の戦い方をやられたと思っている人も多いのではないか?

当然のことながら、多くの選手が出て行くであろう。この闘い方でいいのかどうか、明かりが見えるのかどうか、選手たちは、金銭的な部分はもちろんのこと、将来のことも考えて判断しなければならない。私は、主力はほとんどいなくなると考えている。夢生、森重、西川にしても、こういう状態で残留してくれと頼むには忍びない。残ってくれたとしたら、これこそ奇跡だろうか。

吉田の笑顔にチーム崩壊の序章を見る思いがした。
Nobody can stop it anymore!
[PR]
by worsyu | 2009-08-25 11:23 | サッカー | Comments(0)
<< 無理を通せば道理が引っ込む ジム・ロジャーズ翁 >>