バサジイ良かったよ

いや、今年は違うね。始めっからずっと攻められていたけど、ポストに何度か救われたけど、それでも、なんか違う。カットして、前線につなぎ、ドリブルで突破、シュートって、この雰囲気は何だ?緩い応援だが、これで十分。もっとゆるくてもいいくらい。
前半0-0。
堅守速攻。相手が緩んだ一瞬、先制!しかし、その後、失点する。GKのファンブルしたところを詰められて。GKはうずくまり、悔しさを身体いっぱいに表現する。この悔しさ。そして、この失点を契機に返ってチームに気合が入る。
次第に相手は前係りになり、攻め疲れていく。そこでカウンターが決まる。追加点。コンビプレーでさらに追加点。残り時間が少なくなっても、守備にほころびは出ない。相手に点は許さない。ドリブル突破は見ていて面白い。走りこむスピードもすばらしい。特定の選手に頼らず、みんなで闘っている。特に守備がすばらしい。身体を何度も投げ打ってシュートを防ぐ。これが今までと違うところ。もう、みなさん、わかるだろう。去年の快進撃をしていた頃のトリニータそのものなのだ。(雰囲気がね。微妙に違うか)お手本になるよ。夢生たちにも見せてやりたいよ。

試合後、見送りに出てきた選手たちとうれしそうに写真を取り合い、また、知り合いと話し込む選手たち。サポーターの何ともマニアックな雰囲気もどこか魅力的だ。
駐車場では、トヨタのクラウンにシャムスカのサインをしている車を発見。いいなあ~
オレンジ色のレプリカが眩しく見えた。
[PR]
by worsyu | 2009-08-31 09:22 | ひまネタ | Comments(0)
<< 穢れごっこ 無理を通せば道理が引っ込む >>