「ほっ」と。キャンペーン

最高のサポーター

来年の去就がわからず、解雇の可能性が高い、ベルガー監督。最終戦、柏戦は2対2の引き分けに終わった。できれば勝って欲しかったが、まず、まず、許せる範囲だったと思う。エキサイティングではあった。
試合終了後、監督の挨拶では「大分のサポーターは最高だった」と讃えた。これはお世辞ではないと思う。私も大分トリニータのサポーターは最高のサポーターだと思っているからだ。
浦和レッズが日本一のサポーターのごとき表現をされるが、全く違う。あんな、煽り、選手に圧力をかけ、相手チームを侮辱する日本唯一のフーリガンサポを抱え、それを容認しているサポーターなどを日本一などとは、チャンチャラおかしい。
今のような純粋で暖かく、選手にやさしいトリニータサポーターがいつまで維持できるかどうか不安な気持ちもある。でも、もしこのままビッグクラブまで行けたらものすごいことだ。
他チームの多くのサポーターが節度を欠いたヤクザまがいの暴走行為をする族に引っ張られていることを考えると、やはり、この先が不安になる。
しかし、地方都市ならではの、企業の商業主義に縛られないサポーターからのボトムアップと経営者やそれを支える人々との距離が近いという利点から可能となる、支えあい、育て上げるという地元密着から世界発信という一村一品のブランド作成術。まさに大分ならではの芸当と言えなくもない。これはどこにもまねできない、大分県人ならではのものだろう。
子供と老人、若者と主婦とサラリーマン、フリーター、会社経営者等々、老若男女、社会的地位も経済的格差も度外視して一つの想いになれることは、本当に素晴らしいことである。
この世界でも有数の綺麗なスタジアム-ビッグアイ。大分のみならず九州のシンボルとなる日を願う。また、その可能性は大いにある。(ネックは芝問題)
マスコミも審判も関東寄りであり、試合の移動もきつく、あらゆる意味で不利な状況でありながら、戦わざるを得ない選手たち。我々は、もっともっと支援する必要があるね。移動する交通手段の待遇を少しでもいい物にしてあげたいね。
ラブトリニータの輪を広げよう。たとえば、小室氏、KEIKO、マークらグローブがトリニータを応援してくれることは嬉しい。なぜなら、彼らにとっては愛することができなければ何のメリットもないからだ。その感動をサポーターと選手は与え続けている。だから素晴らしいのだ。
[PR]
by worsyu | 2004-11-29 01:51 | サッカー | Comments(0)
<< ベルガーとサポーター 柏との戦い >>