「ほっ」と。キャンペーン

俺の家長

前半は0-0。しかし、清水のカウンターに何度かヒヤリとさせられた。大分の方は、逆に効果的な攻撃の形は作れなかった。時折突破を見せても、最終ラインを脅かすまでには至らず。前半を何とかしのいだ。ただ、両サイドの高橋、家長の動きは良かった。高橋と家長の左右を入れ替えたことに驚いた。高橋はさすがに、左足で上げるのに苦労をしていたが、家長は、逆に水を得た魚のように生き生きとプレイしていた。
後半勝負となった。
先制点は清水。開始早々のセットプレイ。これは何なんだ。なぜ、マークがずれているんだ?大海が遅れ気味に身体を預けたが、遅れてしまった。これまでの苦労は何だったんだ。せっかくヨンセンを押さえ込んだのに・・・・まあ、でも全体的に大海はがんばったよ。
しかし、清水は、この後、消極的になってしまった。前半も守りを固めていたが、点を取ってからは、いっそうゴール前を固めてしまい、攻撃への気配を消してしまった。そこへ家長や金崎らの攻撃、特に家長のミドルで何度も清水のゴールマウスを脅かした。すると、次第にゴール前もゆるくなっていった。
同点の場面は、金崎の、あれはパスなんだろうが、低くて速い球が高松の足元にサイドから出された。高松のトラップがすばらしかった。そして、間髪入れずにシュート。うつくしすぎ。金崎のパスは日本代表なみの高速アシストだった。意識しているのだろうか?
そして、逆転弾は、家長の芸術的な突破から生まれた。これは、目に焼きついた。さすが、である。引きつけて突破、そしてわずかな隙間から足先でコントロールされた球は柔らかい弧を描いて高松の頭に吸い込まれていった。
こんなに強いトリニータは久しぶりだ。
決めた高松はもちろんすばらしい。しかし、個人的には、何と言っても家長だ。
後半、同点、逆転とつながっていく攻撃の中心には家長がいた。そして、目の前で繰り広げられる球捌きとコントロール、攻撃の組み立てがとにかくすばらしい。まさに天才的。強いし、柔らかなボールのタッチ。魔術のようにサッカーボールを操る様は圧巻。
私は、「家長に廻せ!」と声をからして叫んでいた。
ヨンセンを押さえ、岡崎の存在を消し、試合を支配し、流れの中での美しすぎるゴールを2度も見せる。相手のミスがあったわけではない。こんなチームがなぜ最下位なのか?
もちろん、今後も続くサドンデス状態。相手が死に物狂いでやってきたら全く機能しないかもしれない。ホームだからできた試合、という部分もある。でも、昨日の試合は、すばらしかった。反省すべき点はいくつかあるが、それでも、方向性が見えた。攻撃の形が見えた。
この先の結果はどうであれ、瞬間でも、日本一のチームになることができるチームであることを証明できた。
待ち望んだ家長の勇姿が見られたことで、私は、今、満足している。
やっぱ、すごいわ、家長。
[PR]
by worsyu | 2009-10-19 12:29 | サッカー | Comments(0)
<< 秋田美人 前に進もう >>