闘う価値

天皇杯。
取る気がないと取れない。勢いがないと取れない。もちろん力がないと駄目。一発勝負で運もなければ駄目。

個人的には、あのヤタガラスのワッペンが欲しいのだ。
ヤタガラスの件については、以前にも書いたが、日名子実三氏デザインのものだ。大分県を代表する芸術家の一人の作品として日本中に親しまれているあのデザイン。
ワッペンのデザインには、ちょっと問題がある(羽の数、足を上げている点など)が、それでもやはり付けたい。本来のあるべき場所に収めてあげたい。
もし、あのワッペンがユニについたら、絶対に買うね。何があろうと。フォーリーブ?何だか格好よく見えてきたよ。「楽天」だとかよりはましだろう。

まあ、とにかく、チームが全力で戦い、それを全力でサポートすれば結果はついてくる。闘い方次第で日本一を競えるチームであることは間違いないんだし。それを証明する義務がある。また、それをサポートしてきた我々にとっても、後押しする責任がある。誇りも証明したい。
前に進むために間違ったんだったら直せばいいんだよ。そしてその苦労が糧になる。
準備万端で臨んで欲しい。

闘う価値のある戦いだ。
[PR]
by worsyu | 2009-10-28 12:36 | サッカー | Comments(0)
<< つまらん 秋田美人 >>