つまらん

天皇杯も終わってしまったね。何だか燃えてなかったようで、残念だね。
ナビスコを見るつもりはなかったが、見てしまった。つまらなかった。
下馬評では川崎優位。そりゃそうだろう。外人3トップの攻撃力はすごいよ。
しかし、FCは気合が入っていた。守備から入るという弱者の兵法を遵守した。そして、先取点が転がり込んだ。これは幸運だった。川島のボーンヘッド気味な対応・・・
これで、いよいよ前がかりになった川崎に対し、FCは守備を固めつつも、カウンターの機会を待った。
一発勝負では先取点が重要だということ。そして、カウンター戦法が有効だということ。去年の大分を見るみたいだった。
でもつまらない試合だったね。途中から川崎は切れてしまって。所詮、外人頼みの攻撃はもろい、ということが明らかになってしまったわけだ。
トリニータも天皇杯で千葉に本当に勝ちたかったのだったら、別の戦い方があっただろうに。カウンターでやられるということは、最終ラインの緊張感がないということだ。守備を放棄している。ここはどこかの観光地なのか?ホームでやる戦いじゃないだろう。
ナビスコも先取点がFCに転がり込んだから、こういう形になったが、0-0か川崎に先取点が入っていたら川崎がカウンター狙いになっていただろう。4-0くらいになっていてもおかしくない。2チームともカウンター攻撃のチームだ。川崎は「無冠の帝王」というレッテルが結構気に入っているのかもしれない。
J2に落ちるよりは数段マシなんだが。
何度も言うがカウンター攻撃こそが一番効果的で得点確率の高い攻撃なのだ。もちろん、それだけではだめなのだが、ただパスを廻して形を作ろうとしても、穴のない守備をこじ開けることは至難の業だろう。
それにしても、若手ばかり起用すると、こういうことになる。ベテランが声を出して試合を作り上げないとだめだ。流れを読む力が不足している。

これで、また、当分、ヤタガラスのワッペンは付ける機会は遠くなった。私は、この日名子デザインのヤタガラスを外す機会を失った・・・
数えて欲しい、カラスの羽根の数は11枚=選手の数である。そして、カラスの足の裏で球をホールドしている。これこそが、正式のデザインなのだよ。代表が付けているあのエンブレムは偽物、というか、ご都合で変形されたものなのだよ。実は・・・
[PR]
by worsyu | 2009-11-03 19:43 | サッカー | Comments(0)
<< 捏造 闘う価値 >>