「ほっ」と。キャンペーン

レプユニ

代表の新ユニを見て思うこと。
何か違う。
赤い涎掛けと呼ばれる首下の四角い赤について。赤をポイントとすることには賛成だ。これでおしゃれになる。しかし、何となくガンダムを連想してしまう。それならば、やはり、台形にした方がすっきりする。身体の線に合っていない。
ピッチリした素材。これは、アンダーシャツで十分じゃないのか?それとも、アンダーシャツという概念で作っているのか。肥満の人は着れないね。
エンブレムのヤタガラスのバックが黄色から白へ。大体、赤い縦帯を付け足すからこういうことになる。これじゃあ、ナチスか赤菱を連想させる。意図を感じる。
しかも、日の丸がその上にあるから同じデザイン性向がダブっている。
それよりも何よりも、あの3本線がじゃまくさい。重たい。ブランド的には最高なんだろうが、デザイン的には最低のブランドだ。
まっどうでもいいんだけどね。

トリニータのユニについては、来季はどうなるんでしょうね。胸のFOURLEAFいいじゃないですか。なじんだ。
個人的な考えだが、背中の裾にOITAの赤文字を入れるなんざあどうでしょうかねえ。大分県、大分市、大分の県民、市民、企業、諸々、いろんな大分に係わる人が資金を出して、その思いを「OITA」という文字で背中の裾に入れる、とか・・・
なかなかいい案だと思いませんか?たぶん、許されないと思うけど。

というか、ただ単に自分のレプの裾にOITAの赤文字を入れたいだけなんだが・・・・
[PR]
by worsyu | 2009-11-13 11:45 | サッカー | Comments(0)
<< ようやく秋の気配 商売、商売 >>