「ほっ」と。キャンペーン

福岡ウラヤマシ杉

ソフトバンクは、ダイエーが保有する福岡ダイエーホークス株式約98%を50億円で取得する。現在、入場券やグッズ販売、広告看板事業など福岡ドームの営業権は、米投資会社Colony Capital傘下の「ホークスタウン」が持つが、これをソフトバンクグループが新たに設立する100%子会社に移管する。営業譲渡対価は150億円。営業譲渡契約は12月24日に結び、来年1月28日に実行する予定。

 ホークスタウンとソフトバンクグループは、福岡ドームについて30年間の使用契約を結び、福岡市を本拠に球団を長期保有する姿勢を明確化。年間365日の使用権として、1年当たり48億円を支払う。

 新球団名などは順次発表する。

 ダイエーの蓮見敏男社長は「ソフトバンクはホークスのスポンサーとして、日本プロ野球機構(NBP)に十分認めてもらえる立派な会社と判断した」と説明。孫社長は「野球のビジネスモデルを進化させ、野球の歴史を変える一助となりたい」と抱負を語った。

孫社長によると、現在の球団売上高は年間約170億円。年間10億円程度の赤字だが、「売り上げを1割上げれば、収支は均衡する」(孫社長)と強気だ。ただし球団による宣伝効果で、年間1000億円に上る顧客獲得費用を削減できるため、野球事業単体での黒字化にはこだわらない。「経費を増やしてでも、ファンに感動を与えられる強いチームにしたい」(孫社長)。

1994年11月30日の出来事・・・・

いいよなあ・・・・
どこか現れないかなあ・・・・
無理だよなあ・・・・・
[PR]
by worsyu | 2009-11-26 13:02 | ひまネタ | Comments(0)
<< 円高株安-想定内 現実に立ち向かう >>