このエンブレムが目に入らぬかあ~っ!

溝畑氏という人はすごい人だと思うよ。
あのキャリアで東大、自治省官僚とエリート街道を進みながら、自分のやりたいことを見つけたら、それに突き進んでいく。
このモーレツさはすごい。今のこのご時勢で稀有な人材だ。官僚の枠からはみ出した大人物だ。まねできない。だからすごいのだ。
大分にあるマンションはそのまま残していくそうだ。いつ何時か自分の力が必要になった時、いつでも戻ってこれるように、とのこと。
この人の生き様を見ればマスゴミが言うような軽い言葉でかたずけられるものではない。また、それに便乗してつついている輩は品が無さ過ぎる。
マスゴミは面白ければそれでいいのだ。溝畑氏の経営責任でこの窮状に至ったという犯人仕立て話に躍起になっている。Jリーグの言い分の片棒を担いでいる。つまり「経営者が普通の人間なら大丈夫ですよ」・・と。

それならば「水戸黄門」のパロディーコントを当てはめてみよう。
サッカー協会、Jリーグに乗り込んで・・・・
「えぇ〜い、控えい控えい! 控えおろぉ〜!! このエンブレム(トリニータ)が目に入らぬかあ! ここにおわす御方をどなたと心得る! ... 恐れ多くも今回、観光庁長官となられた、溝畑宏くんでござるぞ!一同の者、長官の御前である。 頭が高い!控えい控えい控えおろうっ」
一同土下座「ハハァ~」

もちろん、これは、妄想というか、コントなのだが・・・
この先は皆さんのご想像におまかせしよう。
[PR]
by worsyu | 2009-12-29 13:35 | ひまネタ | Comments(0)
<< 大坪正則氏 就任オメ >>