スポーツを身近に

今日から大分県高校新人サッカー大会が始まる。参加高校は38チームである。会場はスポ(人工)、スポB(芝)、別府実相寺(人工)、野口原(芝)、中津(芝)、大分南、情科。
芝生の上でなきゃ本当のサッカーじゃないよね。それができる環境にあることはすばらしいことです。父兄、関係者の方以外でも、シーズン前にサッカー観戦を楽しめる絶好の機会です。芝生を体験できる高校生の選手はもちろんだが、観戦する一般の人も芝生の上での本来のサッカーを手軽に見られるのですから、雪が積もっている日本海側や北国の方からすれば、1年中サッカーが楽しめるわけで、幸せですね。

県は昨年から「めじろんフィールド整備事業」として5つの養護学校のグラウンドの芝生化を進めている。もっともっと芝生のグラウンド=校庭を増やしていきたいですね。子供からお年寄り、障害のある方みんながスポーツを楽しめる環境を作りたいですね。

明日はバサジイの試合もビーコンでありますので、そちらも楽しみですね。

スロージョグの方は、何とか続いています。寒い日が続くと辞めてしまいます。でも、これじゃあ駄目ですね。まあ、無理はしたくないですが。日本マクドナルド社長の原田氏は毎朝10キロのジョギングをしているそうで、すごいですね。人からクレイジーと呼ばれるくらい痛快なものはありませんね。(おかげさまで、私もクレイジー扱いをされているようでとても嬉しいです。)
やはり継続は力、だと思いますね、最近、つくづく。続かせるためには、それなりの工夫が必要だということも気付かされます。
ついついスピードを出してしまう。ついつい距離を長くしてしまう。これがよくないのです。無理をしていると自分に感じさせないために工夫が必要なのですね。楽しむこと。これが大切です。楽しくなければ長続きしませんよ。

それから、なかなか動かないクラブですが、たとえば、去年処分されたサポーターに対して、何らかの処分の見直しが図られてもいいのではないですかねえ。話し合って。彼らの力が今、必要なのに・・・
[PR]
by worsyu | 2010-01-16 12:33 | 地域ネタ | Comments(0)
<< 小曽戸はすごい シバコ >>