オバマ大統領新金融規制案発表

この流れは・・・と思わせるものもある為替、ダウ、日経の動き。
とにかくユーロはひどい有様だ。
そして中国もバブル警戒で引き締め策。そして昨日のオバマ大統領の金融機関への締め付け。これで一気に信用不安につながり、ダウは200ドル下がった。ドル安ユーロ安、そして円高へ。円は90円を割り込む。移動平均で見ると、円高傾向は依然続いている。短期線を越えて下がると、この90ドルがネックラインとなるだろう。日経も来週は1万2.300くらいまで下がる場面があるかも・・・ね?
年末から年初に掛けて引き上げてきたファンド連中もここいらで利益確定の売りに本腰を入れるのだろうか?
大体、アメリカ経済から金融部門の信用派生商品への関与を規制すれば何が残るというのだろうか?銀行は銀行本来の業務に徹しろと・・・しかし、国内のどの産業に融資しろというのか?一番の金儲けの手段を失ってアメリカの金融機関は手足を拘束されたに等しい。これで100年に一度の経済瓦解が現実味を帯びてきた。(しかしまあ、あのギャンブル好きのアメリカがこのまますんなりとこの案を飲み込むとは思われないのだが・・・唯一の道は戦争でも仕掛けて世界から金を吸い上げるくらいのことでもしない限り帳消しにはならないのではないか?・・・)
円はまだまだ上がる(ドル建て)よ。国内外を問わず円は買われるだろう。小さな反発を繰り返しながら当分の間は下がり続ける(円建て)と見ていいのではないか?・・・
[PR]
by worsyu | 2010-01-22 10:56 | 時事ネタ | Comments(0)
<< 目標:1000万人 We will rock you >>