浄化

勝っても負けても感動をありがとうというのも変な話だ。
マスゴミが盛り上げるだけ盛り上げて結果の後始末をしているだけ。
それは、嘘のカタルシス(浄化・排出)の創出をしているからだ。ガス抜きをどうするか?これからマスゴミは大変だ。犯人探し。この意味は心の喪失を埋めるものなら何でもいいわけで・・・
そもそも、冷静になって報道していれば、こんな空白感は無かったはずだ。
確率として優勝はどの程度あったのか。今季の成績、ジャッジの性向、滑走順から、浅田の金はほぼ無いに等しかった。しかし、可能性はあったわけで、そのあたりのニュアンスを正確に伝えることをしなかった。勝手に観客である国民が盛り上がるのは勝手だが、盛り上がった分だけそれに応ずる成果が欲しいのだ。場合によっては生贄のようなものでもいい。社会がすさんでいくとこういうことが起きてしまう。
ストレス発散の道具として組み上げられたマスゴミの積み木崩しのようなものなのだ。いつまでも付き合っていられない。


それよりも、ラフマニノフをもう一度聞きたくなった。日本人は大体が好きなんだけどね。
[PR]
by worsyu | 2010-02-27 12:48 | 時事ネタ | Comments(0)
<< 免赦 LOVE >>