「ほっ」と。キャンペーン

こっそり応援

鳥栖VS札幌の試合を見た後、東京VS横浜の試合を見る。その前に神戸VS京都を見たが・・・。
鳥栖VS札幌、特に鳥栖の戦い方はJ2だなあ、と思わせる内容だった。パスサッカーなんだろうが、無理なコース、無理なタイミングでも通そうとする。形は作るが外しまくる。技術が伴っていないようだ。それでも札幌と引き分けたのだから勝負に対する気持は強いね。侮れない。
東京は、森重である。やはり、いい。存在感がある。落ち着いている。あわてず冷静に対処する。上手い。この落ち着きがチーム全体を落ち着かせる。不必要な緊張をしなくてすむ。
前にも言ったがDFにとって緊張感を90分間続かせることは至難の業だ。そこで緩急を付けてポイントを抑えれば守備は安定する。常にフラットな感覚で自然と体が反応し、無理せず守りができたら最高に楽しい。そんな光景を見てきたなあ。ああ、森重・・・
東京のカウンターサッカーの基本は守備である。そこからの変化でポゼッション、パスが繋がる。しかし、パスに拘らない。ドリブル突破をしていく石川、長友がいる。今野も中村北斗も羽生も梶山もいる。そして平山、赤嶺、リカルジーニョ。これだけそろえれば優勝争いを当然するだろう。横浜との試合でも、均衡した試合ながらも余裕を感じた。勝負どころをよく知っている石川は、最後の場面で相手DFを飛び込ませるようにわざとスピードを抑えた。そしてタイミングを測ってスピードを上げた。見事。あそこで飛び込んでしまった横浜DFの小椋は経験不足か・・・ちょっと未熟だね。というか、罠にはまったわけだが。
横浜も俊輔が入ったとは言うが、それ以外のメンバーを見ると、それほど大したメンバーではない。横浜の今季は結構苦戦すると思った。

刀根は森重になれるだろうか?始めて森重を見た時、その非凡なボールさばきと体の柔らかさ、センスに驚いたのを今でも覚えている。絶対、この子はトリニータを支える柱になると思ったが・・・・
あの落ち着きは、CBに必要。そして、それが強さになる。
刀根を今度じっくり見てみよう。
そして、やっぱり森重にはがんばってもらいたい。陰ながら応援したい。

それにしても、西川、森重、金崎(玉田くん、かなざきだから間違えないように)は3種の神器だったねえ。もう、代表でしかいっしょにプレイすることはないだろうけどね。
[PR]
by worsyu | 2010-03-09 02:40 | サッカー | Comments(2)
Commented by masa at 2010-03-10 17:40 x
いつもたのしみに拝読させていtだいてます。
大分の3種の神器、確かにいえてますね。刀根君は若さといいますか怖いもの知らずといいますか・・・、それなりにいいものをもってそうな感じがしますが・・・!?ひとつお聞きしたいのですが、エジはどのような存在だったとお思いでしょうか?
Commented at 2010-03-29 10:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ホーム開幕 いつの日か >>