チャンピオンシップ第一戦

チャンピオンシップを見た。横浜のDFのすばらしさ。浦和を0点に抑えた。
決定機を作らせなかった。
中澤、松田、河合のDFラインは強固で、スペースを与えなかった。素晴らしかったねえ。早めの寄せでパスをつながせなかった。MFが精力的にDFラインに入り、エメルソン、田中に仕事をさせなかった。一人が追い込み、一人が切り返しのケアーをする。こうして追い込むのだといった感じ、ドリブルで持ち込む浦和に対する効果的な守備である。つまり囲むということだ。
この豊富な運動量は、FWまでそうだった。坂田、清水は得点こそ奪えなかったものの、相手DFラインを下げる動きを頻繁に行い、カウンター攻撃の機会を奪った。
奥がすばらしい。やっぱりすごい奴だ。そんな素振りがないのに、いつの間にかパスを出し、ドリブルで突破し、突然スピードアップする。キックは正確。周りが見えている。
浦和で目立った選手は、エメルソンと永井くらいかな。でも抑えられたけどね。
どんどんスライディングしていたね。これなんだよね。(日本は異常にスライディングによる守備をしないし、審判は簡単に反則を取る)一歩間違えれば反則を取られるんだけど、岡田さんが審判だったから大丈夫だったんだね。その辺も考えていたんだろうか。第2戦は、浦和のホームだし、審判も変わるので、同じ戦い方をすると、イエローカード出されるだろうね。
この横浜の守備やFC東京の守備をトリニータができるかというと、今のスタイルでは無理だろう。私は、何度も言うが、ゾーンに固執して、相手にスペースを与えては、ノーブローで打ち合いをしているようなもので、3回戦ボーイのままなんだ。エメルソンや田中、永井など、ドリブル好きでスピードのあるFWを止めるには、まず、スペースを与えない、そして、早めに寄せる。隅に追い込む。スピードを落とさせて、2人目で囲む。一人に2人かけることで、反対側にスペースが生まれる。だから、そこはMFが入って埋める。これが1-0で勝つ戦い方だろう。
だから、2点目は奪えなかった。岡田監督の作戦は当たった。できれば2-0で勝っていればという欲があっただろうが、現実には難しかっただろう。そういう戦い方だったからだ。
第2戦は、浦和は最初っから飛ばしてくるだろう。まず、1点を取って追いつく。流れを呼び込みさえすれば、2点目も取れると、たとえ、1点返されても、最後はもう1点入れる力はあると信じているだろう。横浜がリスクを犯して点を取りに来たところをカウンター狙いで仕留める作戦だ。
まあ、それにしても、横浜は外人が1人でよく戦えたものだ。安、久保の飛車、角抜きでも組織の力で勝ったのだ。戦術で勝ったのだ。すごいね。
[PR]
by worsyu | 2004-12-06 09:51 | サッカー | Comments(0)
<< 魂のないサッカー トリニータブランド >>