「ほっ」と。キャンペーン

8節までに

ガンバ大阪と新潟が苦戦している。
まだ5戦目だからわからないが、もう5戦過ぎたとも言える。時間が過ぎていくに連れて修正はますます難しくなっていく。現在、勝ち点は3だ。今までの経験からいくと、第8戦を終えて10点未満だと、今シーズンはかなり厳しい戦いになると思っていい。
全34試合を4ブロックで分けると8試合+2となる。去年の大分を見れば、8節を終えた時点で4節までに獲得した4点のまま。その後も負け続け、ほぼ絶望的な状態になる。
ガンバ、新潟は、まだ勝ち星がない。しかし、引き分けでも勝ち点1はつく。引き分けることの大切さを知らなければ勝つことの重要さもわからない。ただ、新潟はFWの不振が深刻で得点力が無いので危険信号が灯っている。
+1点の勝ち点4のチームは、大宮、神戸、磐田、湘南がいる。この中で危ないのは、やはり湘南だろうか。まだ、わからないが、8節を終えた時点で勝ち点10未満のチームが降格争いになる可能性が高い、と考えていいだろう。
この中で観客動員力というかサポーター力という点では、磐田、G大阪、新潟は図抜けている。ただし、実際は、世代交代の難しさ、戦術の進化、助っ人外人の出来不出来などに左右されることが大きい。マンネリ化をいかに解消し組織を活性化させていくかということも大きい。
J2は降格組の柏、千葉、大分の力がやはり抜けている印象を受ける。大分は大量に主力が抜けたせいで戦い方がまだ未熟だが、新しく入ってきた韓国人の力がチームにフィットしてくにつれて、チーム力は上がっていくだろう。柏、千葉は、勝ち方、試合の運び方がやはり上手い。ほぼ去年までの戦力を維持しての戦いになるので、ここからどれだけ伸びるかに掛かっている。これにスタートダッシュに成功した福岡、横浜FC。やや今後に不安が残る徳島。それに熊本も好調を維持しているので、この辺りが前半戦での上位争いになるだろうか・・・
8節までに15点以上あればそのチームは昇格の流れに乗っていると言えるのではないか。

ところで、5月29日の熊本戦。水前寺だって?収容人数は15000人。これじゃあ、トリサポが押しかけたら半分近く埋まっちゃうよ。そりゃオーバーだが、土曜日ということを差し引いても本来ならKKWだったら4千人くらいは行くよね。割り当てがあるから急がないとチケットが入手できないかも・・・おまけに駐車場もないだろうし・・・舐められたもんだわ(2千~3千人くらい?)。あきれるね。それとも、策略なのか?
こりゃあまた一騒動ありそうだ。
[PR]
by worsyu | 2010-04-07 12:04 | サッカー | Comments(0)
<< 嘘も方便 花見頃だね >>