日経1万364円

ギリシャの財政悪化が表面化してから久しいが、格付け会社がギリシャ国債のランクを下げ、ユーロから支援融資を受け、そのため、国内の緊縮政策の発表で国内の治安が乱れ、経済麻痺。ユーロそのものの信用も低下へ・・・・
まだまだ続く・・・ギリシャ発の金融不安は世界中の株式やその他の金融派生商品の全面安を引き起こし、NYダウ、日経も大きくダウンした。
この火種はやがてポルトガルやスペインにも飛び火するだろう。そのたびに世界中の信用経済が収縮することになる。
マスゴミは、やがて、日本もギリシャのようになる、と宣伝して廻っている。
経済のことがわからない連中は、そうだそうだとうなづいていることだろう。しかし、世界の金融は、安全資産の金の高騰。そして、安全通貨の円に逃げる。なぜ、日本の円が買われるのか?

日本の信用は高い。不思議な感覚かもしれないが、国債の償還もきちんとやっている日本は借金もすごいが、資産もすごいわけで、しかも、輸出による外貨も稼ぐこともできる。競争力もまあまあある。経済のファンダメンタルは依然として高いのだ。つまり返済能力もあると世界が認めているわけです。心配なのはデフレ気味の経済環境だが、それも、日銀、政府によるカンフル剤投与でしのいでいる。いつまでも続かないが、他の国と比べればましな方だろう。何と言っても、おそらく日本のホームレスは世界で一番教養のあるホームレスだろう。日本の初等教育の質は高い。この力が日本を支えていると言っていいだろう。
皆さんも借金はしていてもそんなにないでしょう。家を購入していたとしても、その返済はきちんとやっているでしょう?焦げ付いてはいない。そうならないように、ある部分は節約し、そして、生活するために働いている。当たり前のことだけど、これができない国はたくさんあるわけです。バブルに懲りて安定を求めているわけです。贅沢は求めず質素でいいから安心した暮らしを望む人が多いんじゃないか。
まあ、昔の企業戦士たちから見たら亡国の民に見えるでしょうけどね。
[PR]
by worsyu | 2010-05-07 16:27 | 時事ネタ | Comments(0)
<< 魂のルフラン くやしくないのか >>