マスゴミたる所以

最近、官房機密費がマスコミや評論家にバラ撒かれていたということが明らかになった。
現在、マスゴミ以外のところで騒然となっている。世紀の一大スキャンダルだ。

記者クラブの記者が集まり、赤坂辺りの料亭で一席。そして、その後、銀座の高級クラブに行って遊び、お持ち帰り。(政治記者はこれからは女性にお願いしたい!)
こんなことを長年やっていたというのだから驚きだ。
しかも、評論家には札束を持って懐柔策をするという。それを年間十数億という官房機密費から使われていたというものだ。(月5千万円は掛かっていたという・・・)
政治家と御用評論家、記者クラブ、TV解説者、コメンテーター、司会者等々。持ちつ持たれつ。これじゃあ、ジャーナリズムもヘッタクレもない。

この国の民主主義の根幹が腐っている。
とにかく、マスゴミのマスゴミたる所以は、こういうところに起因しているわけだ。マスゴミの垂れ流す情報は、信用できない。ウヨネットの徘徊するネットの中に、それでも真実は転がっている。自分で探さなければ真実は見えない。
果たしてそれが真実かどうかはわからないが・・いつの日か歴史が解決してくれるだろう。ただ、騙されるのはいい気がしない。

新聞読むのもそろそろ辞めようと思う。情報に対する対価としても高すぎる。
[PR]
by worsyu | 2010-05-19 10:48 | 時事ネタ | Comments(0)
<< レッズ・パージ ワンマンの危うさ >>