「ほっ」と。キャンペーン

岡野はいいねぇ~

W杯関連の番組を見る。
フランスW杯アジア予選の模様で岡野を取り上げている番組があったが、面白かった。岡野がいいね。驚くべきは、そのサッカー経歴だ。よくわからないのが、中学卒魚後、ブラジル留学を希望するも家族に反対され、島根県の松江日本大学高等学校(現:立正大学淞南高等学校)に行ったことだ。どういう伝手なんだろうか?
行ってみたら、部員は一人。監督すらいない状況。そこで、自分から部員を集め14-0で負けてたチームを0-0に押し上げる。その後、日本大学に進学するがサッカー部に入ったとはいえ、当初は洗濯係としての入部。そこからプレイスタイルをスピードで抜く技を磨くことで伸び、とうとう浦和レッドダイヤモンズに入るところまで行く。そして、何と、足の速さだけで(
もちろん、それだけではないが)代表に召集される。そして、最後の最後に彼の出番がやってくるのだ。
あのスライディングシュートも、なぜ、スライディングをしているのか?あの頃は、皆、余裕も何も無かった。岡田監督もいっぱいいっぱいのところで声を枯らして指示を出している。あの熱気は二度と訪れないだろうね。でも、それは仕方の無いことだろうね。
岡野のボケ具合が面白い。飾らない人柄と前向きな性格、信じきる力。努力を怠らないすごさ。多くのサッカー少年たちに希望を与えたことだろう。もちろん、これからも講師としてあの歓喜と熱気を伝えてくれると勇気づけられるね。

韓国は強かったね。でもギリシャはあんなもんだから。日本も勝っているし、いいグループに入ったといえるね。アルゼンチンは確かに上手いけど、後半、隙を見せるね。得点力も疑問符が付く。ナイジェリアは、守備がひどい。組織力がない、ということが一番現れるのが守備だ。これじゃ、だめだ。よく1点で抑えられたものだ。ゴール前でもゾーンでやっているから球を廻され続ける。人に付いていないのでピンポイントで合わせられるとズレができる。

今日は福岡戦。祝杯をあげることができるか?ワインは代表のためにとっているので、ビールは飲ませて欲しい!

今後、トリニータ躍進のために、カメルーンの若手FWを獲得するというのも手だと思った。プロ野球と同じで、外人助っ人はチーム力UPに有効な手だ。結果として、短い期間で移籍になろうとも、その効果は絶大だし、地方にあるクラブ浮上の処方箋となるだろう。費用対効果の面でも、16才~18才あたりから獲得し、育て上げ、20才~22才あたりで高く売る。ブラジル人はもう無理だろうが、韓国人も費用の面で難しいだろう。
監督が代われば上手く行くなどと考えている人も中にはいるだろうが、それよりも、組織的な守備力と創造的で爆発的な攻撃力を持つことが大切だ。
そんなことを思った。

福岡へ行かれたトリサポの皆様、お疲れ様でした。試合は負けてしまいましたね。勝ちどころを決めることができないというのは、どこか、心に余裕がないのでしょうね。
多くのトリサポが押しかけ、サポートしたことは、決して無駄にはならないですよ。
[PR]
by worsyu | 2010-06-13 14:00 | サッカー | Comments(0)
<< 奇策的中 ポストW杯 >>