「ほっ」と。キャンペーン

奇策的中

ようやくワインを開けられた。代表の勝利にとりあえず乾杯。
これは奇策だね。まっとうな戦いじゃない。
シミュレーション、見えないところで引っ張ったり、足掛けたり。審判が審判ならOUTだったね。
そんなにバカ騒ぎして喜ぶほどのものではない。
守備を重視し、前線からプレスを掛け、奪ったら直ぐに攻撃。堅守速攻(シャムスカ時代の大分トリニータの戦術)がはまったね。
得点シーンは、松井の個人技でほとんど決まった。相手が連られた。早いタイミングで球を上げられたのでDFが空かしてしまった。その裏をとった本田もうまい。あのトラップはたまたまなのか、でもあのトラップで決まった。落ち着いていたね。見事な度胸だ。持ってるんだねえ。
2点目のチャンスは岡崎だった。あそこで決められないのが韓国との差だろう。
本職のFWが決められず、代役の本田が決めた。
このままの布陣でオランダと闘ったら目も当てられない惨敗を喫するだろう。次も奇策を講じて、相手のリズムを壊すことが大切だろうか。
ロッベンを押さえるのは誰か?駒野じゃだめだ。長友なら何とか抑えられだろう。しかし、問題はロッベン以外にも押さえなければいけないからねえ~。
とにかく、今回の影のMVPは長友だろう。
[PR]
by worsyu | 2010-06-16 12:43 | サッカー | Comments(0)
<< 2006W杯で学んだことを忘れるな 岡野はいいねぇ~ >>