50点以下の試合

オランダ戦はみなさんいかが評価されましたか?
私は、100点満点中49点ですね。負けたのに50点以上つけることはできませんね。その上で評価できるので49点です。結果と展開はほぼ予想通り。岡田監督は第一戦と同じメンバーで闘った。私が一番懸念していた阿部を外すことはしなかった。賢明だ。
失点シーンは、あそこでシュートコースを開けてはいけないね。しかも、GKの川島の対応も疑問。パンチングできる状況とは思えず。一瞬遅れた感もあった。ほぼ正面の球なので、体ごと、もしくは肘をたたんで面で対応して外にはじけばよかった。それがかぶって、触っていながらこぶしにかすって中に入れるとは・・・以前から感じていたが、ブレ球や強い球に対して川島は弱い(鈍い)ような気がする。運動神経、反射神経に疑問が付く・・・
大久保は仕掛けていたから評価できるのだが、シュート力が無いので、パスを出して欲しかった場面がいくつもあった。後半に入って早く外して欲しかった。チャンスを作って自分で潰していた。
岡崎は、またもや外してしまう。よほど左足のシュートで外すことに快感を得ているのだろうか。緩くても逆サイドに転がしていれば決まっていた。玉田ならあの角度は80%近い確率で決まっていただろう。そこのスペースに飛び出す力は持っているんだけどねえ。これで2度目。たぶん、何か勘違いしているんだろう。いつか決まるだろうという感覚で試合に臨んでいる時点で位負けしている。
イエローも貰わず試合ができたということは、敗戦の中でも評価できる。
私が評価できるMVPは闘莉男だろう。彼のおかげで最終の守備が保たれている。彼が目立っているということは、逆に攻撃が機能していないということにもなるのだが・・・
審判もちょっと疑問な箇所もあったが、さすがにレベルの高いジャッジをするなあ、と感心する。日本の選手のシミュレーションをことごとく見破った。すごい審判だ。
今回のW杯で、審判のジャッジについても感心することが多い。この場に立たなければ世界一流の審判による試合を経験できないし、勝ち進まなければより高度のジャッジを受けられない。
デンマーク戦は、途中からでもいいからFW2枚使った、まっとうな戦いを見てみたいね。もちろん、引き分けるか、勝たなければ意味がないので、状況次第であるが。
[PR]
by worsyu | 2010-06-21 11:58 | サッカー | Comments(0)
<< 野口悠紀雄氏 2006W杯で学んだことを忘れるな >>