忍者サッカーの限界

代表は残念な結果に終わりました。
感動をありがとうという言葉はただ盛り上がりたかった観客のみなさんならいいでしょうが、サッカーが好きな人にとってはそうはならない。
この試合は、壁を越えるか超えられないかの勝負の試合でした。戦術は今までの堅守速攻を踏襲。何度もピンチを迎えながらも、逆にチャンスも作り、一進一退。勝負はギアチェンジできるかどうかに掛かってきた。岡崎、中村憲、玉田と。この交代も納得できる。
私は、以前から駒野を使うことには疑問だったので、PK戦に突入して出てきたのには、正直驚いた。
試合中も、私は、駒野のプレイにダメ出しをしていた。そして、PK戦に入って、駒野の表情はいっぱいいっぱいだったし、何よりも、ムラッ気があるので、何も考えず、軽くふかしていまうのだろうと思った。実際、そうなった。その時は何で駒野?と思った。せめてサドンデスに繋げる気はないのだろうか?と。どこまでも勝利に貪欲になる気構えがない。あきらめが早すぎる。タフじゃない。甘チャンだ。勝てるチャンスはあったのに・・・これが大切!
誰も駒野を批判しない。それは美しいことだが、真実を見ることを回避することは問題を隠蔽することになる。
彼のプレイはすごく上手い部分とすごく下手な部分との差が激しく、使いづらい面がある。試合中も、何度か決定機を作られ、又、チャンスを潰した。それでも彼を使い続ける意図がどこにあるのか、正直、私にはわからない。よほど代わりに使える選手がいなかったせいだろう。
つまり、そこが今回の日本代表の弱点だった、と言える。そして、それが最後の最後に出てしまったわけだ。
パラグアイの監督に日本は強かったと言って貰って喜んでいるようじゃ情けない。パラグアイのサポーターたちはありがとう日本と思っているだろう。日系パラグアイ人の方は安堵しているかもしれない。
しかし、パラグアイ監督から、「あんなくそサッカーに負けて悔しい」と言われる方がうれしいに決まっている。もちろん、たとえ負けてもそんなことは言わないだろうけどね。
悔しくないのだろうか?・・・みんなは・・・
残念ながら、日本サッカーにこの先が見えたかというと、疑問だ。ただ、これが答えなのかもしれない、という思いもある。ベスト16を再び達成したということで、中堅の地位を固めることができつつあると言える。FIFAランキングも35位前後まで上がるかもしれない。
ただ、今後、ますます日本人FWを育て上げることが困難になってくるだろう。
岡田監督の奇策と岡田ジャパンの活躍で、FW無用論が提議されたとも言える。


この試合の評価は30点。もっとできたはず。固かった。
MVPは中沢かな?
[PR]
by worsyu | 2010-06-30 10:48 | サッカー | Comments(0)
<< 死闘を見た あんなサッカー >>