死闘を見た

ものすごいものを見た。やっぱすごいわ。これがベスト4を掛けた戦いか・・事実上の決勝戦か準決勝に当たる戦いだった。
前半終了の笛が鳴るのが早く感じた。もう前半が終わったのか、と。
この戦場に立つ日本代表の姿を私は想像できなかった。
まるで次元が違う。オランダもブラジルも吼えまくっていた。テンション高い。審判に噛み付くことは、魂の叫び。反則を駆使し、ギリギリの駆け引きの中で勝利を求める姿を格好悪いだとか、醜いだとか非難することに私は同意できない。これがサッカーの持つもう一つの真実の顔なのだ。命を掛けた闘いがそこにあった、
特にブラジルの前半はすごかった。スピード、テクニック、モメンタムがすごく、オランダを圧倒した。しかし、勝負はパフォーマンスの優劣で決まるわけではないことを我々は知らされることになる。
カカーの決定機に決められなかったことがだんだんチームの手詰まり感となって士気を下げていくことになった。
オランダは後半勝負という戦術がまたしてもハマッタ。
ブラジルのオウンゴールは、「マイアミの奇跡」を彷彿させた。ここからブラジルは何もかもが上手くいかなくなっていく。いままで楽しくサッカーをやっていたように見えたのに、まるで、逆の顔を見せ始める。苦痛に顔をゆがめ結果が得られないことにフラストレーションを貯めていく。
脆い。サッカー王国の何とも脆い瓦解か。緊張の糸が切れたブラジルはセットプレイでまたもや失点してしまう。集中力がなくなってしまった。もはや組織として機能はしていなかった。
勝負の流れを引き寄せて、変えて、決めた。オランダのこの勝負勘はすごい。監督の差もあるのかもしれない。選手の質も高い。今回のオランダは優勝するに値するチームの一つであることを証明した。

この死闘とも呼べる闘いを見ながら、一方で帰国した代表たちを持ち上げるマスゴミと選手らの笑顔との対比に私は違和感を感じた。
ベスト4を目指すと言った言葉は、もちろん本気ではなかっただろう。それは、この試合を見たら本気だったとは言えないと思う。世界のベスト4の場に立とうとする意識はなかったと思う。一次予選を突破したことで、戦前のマスゴミによる過小評価から過大評価への豹変がブームを巻き起こした。これは、2006年の反省から、逆をやっただけのことだ。

ブラジルは次回本国開催を控えている。サッカー王国の威信が掛かっている。ベスト8敗退、しかも相手はオランダということで、ブラジル国内では批判の嵐が巻き起こるだろう。ドゥンガやカカー、そして退場になったメロは特に叩かれるだろう。しかし、この熱さがあるから、強いのだ。需要があるから供給が生まれるわけだから。
試合前、「差別をなくそう」と両チーム及び審判団がメッセージを掲げましたね。これはいいことですね。バランスを取るという意味でしかなくても、ね。差別が何なのかわからない人も多いですけどね。力を持った人はその行使に責任とプライドを持つことが肝要ですね。傷つく人がいることを意識できない人は大人ではないですね。

PS.広告が下に出るようになってしまいました。これは、運営するエキサイトの都合です。広告料を取ることでサービス向上に努めると言っています。
読者の皆様にご迷惑をおかけすることを恐縮に存じます。
迷惑メールは依然として〇〇サポから攻撃されていますが、消す努力をしています。ご注意ください。

ハーバード大学サンデル教授の「正義」の授業が話題に
参考

ポアンカレ予想解決した数学者受賞辞退
参考
    
[PR]
by worsyu | 2010-07-03 09:42 | サッカー | Comments(0)
<< 藤田の復帰が化学変化を起こすか? 忍者サッカーの限界 >>