「ほっ」と。キャンペーン

こんなもんでしょ

決勝相手が決まりましたね。オランダVSスペイン。意外な組み合わせと思った人も多いでしょうが、私的には順当なところだ。
私が以前予想した、オランダ、スペイン、ブラジルの3強の内の2チームが残りましたから。因みにその頃の私の優勝チームの予想はオランダでしたが・・・
日本は予選ラウンドは突破できるかもしれないが、そこまでだろうと。でも、もしかしたら・・・という気持ちは当然身贔屓でありましたけど。そして、もちろん、予選敗退もありうるとも。ただ、戦術を変え、カメルーンに勝ってからは勢いが出ましたね。岡田さんのギャンブルがハマッたわけです。
オランダVSスペインは、普通ならスペインの勝利を予想するだろう。スペインのポゼッション支配による華麗なパス回しの方が体力を温存できるし、見ていて楽しい。相手を押し込んだ形の中で攻撃をする方が相手に攻撃に移る機会と意欲をなくさせていく。
一方のオランダはどちらかというとパスよりもドリブルで突破するサッカー。しかも後半勝負に持っていく試合運びの上手さと決定的なスピードと体力を持っている。得失点差を比べると、スペインは+5。オランダは+7である。オランダはウルグアイ戦では打ち合いの試合をしたが、それ以外は後半勝負という戦法が功を奏している。監督の戦術が見事。選手個人の力を上手く引き出し、しかもコントロールしている。何と言っても全勝で決勝まで上がってきた。一方、スペインは、いきなりスイス戦で0-1で負けはしたが、ほとんどの試合を無失点でやってきている。競り合った試合で勝ちきる強さ、終盤まで続く体力と集中力が共通する点だろうか。
前半0-0で終えたら、お互いに自分たちのペースだと思うだろう。オランダはブラジル戦で見せた逆転劇は見事だった。印象深い。あの爆発力はすごい。精神戦。心の闘いに勝ったんだ。
まあ、白熱した試合を期待したい。個人的には、大方の予想に反しオランダを推しておく。南アフリカはホームみたいなものだし。今回のチャンスを逃したらいつまたこういった機会にめぐり合えるかわからないし、ね。

トリニータはオランダの試合運びの上手さと、ギアチェンジの見事さとかを何度もVTRで見直して研究して欲しいね。絶対ヒントがあるよ。
[PR]
by worsyu | 2010-07-08 12:22 | サッカー | Comments(0)
<< あほらしいから楽しい 藤田の復帰が化学変化を起こすか? >>