捕鯨もうやめたら?・・・

もうそろそろ「日本人」という枠に必要以上に縛られることは勘弁願いたいものだ。
昔、女優の岩崎ひろみが「日本人ですか?」と質問され、「千葉県民です」と答えて笑いを取っていた。これは、面白いと思った。日本人である前に一県民である。だから何だというわけではないが、日本人だから、という何か変な枠にくくられることを、〇〇県民であると宣言することで一時的に解放される。選択範囲が広がるのだ。

捕鯨問題を考える。率直に言って、海外まで行って野生動物を捕獲していることは、やはり違法なのではないか?ということだ。違法にはなっていないかもしれないが、それを推奨していることはやはり文明国としての見識を疑われるだろう。
よく、食文化だとか、牛肉メジャーの陰謀だとかいう意見もあるが、今後、中国、インドが世界市場に大きな地位を占めることになることを考えれば、日本の食料市場など知れている。日本バッシングと思って偏狭なナショナリズムに囚われている人はかわいそうだ。もちろん、国益は大切だから、守るべきことは守るべきだが。
しかし、どうにも、わからない。
牛や豚、鶏、羊は野生動物ではない。ならば、鯨を品種改良して近海で飼育すればいいのではないか?そこまでして食べたいか?戦後の食料事情が厳しかった頃はそれもありだったが、今はその状況下にはない。
既得権益を守ろうと必死にもがいている役人の姿とダブル。もちろん、反捕鯨の団体の意見は聞く必要はないが、反捕鯨国の意見は聞くべきだろう。
絶滅の危険はないから計画的に捕獲してもいいではないか?という論理を突き進めれば、世界から嘲笑されるだろう。鯨の肉を食べるという風習を世界基準にすることは不可能に近い。
負け試合を続けていることは無意味だ。
世界の良識に従うのが日本の生きる道のはずだ。
ネトウヨらが必死こいて反捕鯨の意見を攻撃しているのをネットでよく見る。ウヨは負け戦がすきだからしょうがないが・・・・TVでも、肝心要の野生動物保護の観点を言わない。
偏狭なナショナリズムにどっぷり浸かっているようじゃ、サッカーW杯誘致運動も雲散霧消となるだろう。
ちなみに今回のW杯出場国で見ると、捕鯨支持国は、日本、韓国、カメルーン、ガーナ、デンマークだけ。それ以外は反捕鯨国ですよ。ブラジルもアルゼンチンもウルグアイも。ヨーロッパはほとんどだし。中国、ロシア、韓国と共闘しても何のメリットもない。広がらない。胡散臭い連中だよ。笑顔の裏でいつこいつを殺そうかと斧を隠しているような連中といっしょになって闘えるか?逆に国益を損ねることになることは冷静に考えれば誰でもわかることだ。

もうやめていいんじゃないか?辞めれば賞賛されるだろうし・・・
たかが、鯨ではない。これは外交問題なのだ。大げさに言うと第2次世界大戦の日独伊3国同盟-枢軸国対連合国の図式が、今回は日韓中露-枢軸国となりかねない危うさを孕んでいる。
ネトウヨとマスゴミにこの国を無茶苦茶にされるのにはもううんざりだ。
[PR]
by worsyu | 2010-07-23 13:50 | 時事ネタ | Comments(1)
Commented by なるほど at 2010-07-23 19:13 x
いつも楽しく拝見してます。ネトウヨとマスゴミも偏狭なナショナリズムも嫌いですけど、地方の沿岸でほそぼそとやって、その地域の人が食べてるクジラ捕りは残してもらいたいと思います。
<< ネバーエンディングストーリーへ 5Sしかないよ >>