ランコ・ポポビッチ

地方の大分という地でプロサッカーチームがある理由は何だろう。大分にあるから応援する、という消極的な理由ではなく、積極的に支持できる魅力のあるチームになるためには・・・・
メジャークラブにできない魅力を持ったチームを作ればいい。

やりたいサッカーを思う存分できる。そのためには他のチームと同じ事をやっていては駄目だ。差別化が必要。まず監督を決める。育成というクラブの趣旨を理解し、その方針に沿って若手を育成してくれる有能な監督が必要だ。ネームバリューなど必要ない。実力と実績のある監督。
いい監督がいれば、金や名誉をほしがる連中は別にして自分を高めるためにいい選手が集まってくる。すべてはそこから始まる。サッカー選手の選手寿命は短い。もっと上手くなりたい。サッカーを深く学びたいと思う選手は多いと思う。一時のちやほやされることに慣れてしまうとそれ以上伸びることができない。

今、私の頭に浮かぶのはやはりポポビッチだ。この苦境を救えるのは去年後半からチームを建て直したポポビッチしかいない。現状ではそれが一番の近道だろう。協会が許してくれないならば、あらゆる手段を講じてもポポビッチを迎え入れる空気を作り出すべきだろう。
多くのトリサポが思っていることも同じなのではなかろうか?

いいサッカーを作るには、金も必要だが、金だけではできないこともある。育成型だから、活躍すれば他チームに移っていく。それでいいではないか。育成の場として君臨すれば、それがたとえJ2であっても価値がある。

ポポビッチだけは残そうと運動をし、また、シーズンに入ってからもポポビッチ待望論を語っていたトリサポは敬意に値する。もちろん、クラブ側も必死に残そうとしたのだが、協会側から駄目出しされてしまったという経緯があるわけで、そう簡単にこの決定を覆すことはできないだろう。

残ってくれた選手たちも自分たちのサッカーを取り戻すために悪戦苦闘している。結果を求めすぎてその経過の重要性を忘れてしまった。もっと楽しくサッカーをしようよ。その中での戦いだ。

今や片思いかもしれないが、もう一度ポポビッチ招聘に動いてはくれまいか?協会の理解を得られるように働きかけてくれまいか?

募金活動も半分、そちらに移ればもっと多くの募金が集まるだろう。

よろしくお願いします。

みんなの力で呼び戻し、再生の手がかりを得ようではないか!ダメ元で動いてみようよ。

通訳の問題ぐらいなんとかなるさ。英語で十分じゃないか。選手、コーチたちもこの際英語でコミュニケーション取るくらいやってみろ。
[PR]
by worsyu | 2010-08-02 21:09 | サッカー | Comments(4)
Commented by るるる at 2010-08-03 10:11 x
大賛成です!ポポビッチしかいないと私も思います。
どうにかならないものでしょうか?大分にはお金持ちはいないのでしょうか!?私はお金持ちではありませんが、ポポビッチ監督が戻ってくるのならがんばって寄附します。
Commented by マグノ at 2010-08-03 16:55 x
大賛成です 今のままなら何も打開できません・・・
動けば何かが起こるはずです。。

ポポビッチ監督ならこのチームを蘇らせてくれると思う
Commented by あきぱぱ at 2010-08-07 18:42 x
他のブログでのコメントでも書きましたが、ポポさん再招聘大賛成です。ポポさん再招聘募金として目的を明確にした募金ならお金を出しやすいとも思います。ポポさんにサポーターから直接寄付するとか、もうサポが雇って派遣しちゃうとかすればFCとは無償で契約してくれるのではないかとも思っています。
Commented by クロエ ダリア at 2010-11-28 23:30 x
私も同じ思いです。
彼の美しいサッカーは、スポーツのみならず 人の生き方までも変える力があります。
元監督は きっと大分に戻りたいはずです。
私達もそれを切に望んでいます。
<< はやぶさがもたらした感動と 神頼み >>