「ほっ」と。キャンペーン

コントロールできていた

草津に2人のブラジル人がいた。存在感ある。
ただ、今日のトリニータは気合が入っていた。試合前のネットワンシステムズ社長の言葉にわれわれも勇気付けられた。そこまで言ってくれるのか、という感謝の念が沸いた。どこまで付き合ってくれるのかわからぬが、とりあえずありがたい話だ。言葉の端々から共闘の想いがヒシヒシと伝わってきた。社長の生真面目さが好印象。

試合内容は、セカンドボールも拾えていたし、なんとなく形は見えていた。シュートへの後一歩が半歩遅かったり、打たずにパスしたり、逆に早撃ちしすぎだったりしたが。
前半1点止まりは不満だった。後半に入っても高松のあの決定機を決め切れなかったのも大きい。これがあるから高松も外せない。
河原はよく動いていた。サイドでも仕掛けていたし、ゴール前にも顔を出していた。なかなかいい味を出していた。若いんだしどんどんやってほしい。
菊地の怪我は、献身的な守備の裏返し。MVPは妥当だろう。インタビューが終わりサインボールを蹴りこむためにわざわざゴール裏近くまで来たことは、なかなか役者。苦労した分、サポの気持ちがわかっているように見えた。

1-0という結果はやはり不満である。勝ち点3はうれしい。
益山はいいねえ。でも、あのプレイをやっちゃいかんね。それまでの好プレイが台無し。吹き飛ぶくらいの凡プレイだった。内田もそうだが、好プレイと凡ミスがある。この辺りは若さゆえ、経験の未熟さから来るのもあるのだろう。試合の流れを読むことと緊張しすぎるのも筋肉を硬直させるので判断ミスを犯す要因になる。試合中でもサッカーを楽しむ感覚も必要か。

現状では藤田-菊地のCBコンビがいいみたいだ。相手CKやFKなどのセットプレイにも対応していた。集中していた。これはいい傾向だ。
それに益山や土岐田、内田ががんばっているので失点は抑えられるだろう。これに小手川が復帰してくれば、サイドの戦力も充実してくる。
問題は得点力だろう。これは簡単には解決しそうにない。ただ、今日みたいに押し込めるようになれば試合を支配することが可能になるし、得点の形も出てくるだろうか。まだ、淡白な面や連動性に疑問な面もある。

草津の「湯もみ娘」が見れてよかった。サンボマスターっぽい応援に見えた。
ところで、C大阪高橋の活躍はうれしいね。今年のJ1は元トリ戦士たちの活躍が目立つね。
[PR]
by worsyu | 2010-08-22 04:09 | サッカー | Comments(0)
<< 強くなったバサジィ メーテルを探せ >>