「ほっ」と。キャンペーン

バサ祭り

強い。勢いがある。得点力がすごい。攻撃が最大の防御である、ということを改めて痛感した。
バサジィ大分はこれで開幕4連勝。

広瀬知事も観戦に来ていた。痩せた?首の後ろがずいぶん日焼けしていた。相変わらずのワンフレーズでしめた。MCはきどっち。ずいぶん上手くなった。時々噛むけど。ご愛嬌。声がいいから、勉強すればもっとよくなるかもよ。
ディドゥダの彼女も観戦に来ていた。きれいだねぇ。インディオとスパニッシュとが混ざって、とてもきれい。シャムスカの奥さんの方がきれいだったが、こちらには若さがある。ディドゥダの空振りのプレイの時はちょっとお冠だったかな?

8回も歓声があがり、拍手拍手。大盛り上がり。お祭り騒ぎだ。
後半に入り、0点で押さえきれるかどうかに皆の関心が移っていった。しかし、最初の失点はあっけないものだった。前回の神戸戦の失点と同じように、時間が止まったかのごとく、GKが足の裏で押さえようとしたのが外れてそのままコロコロと。何とも情けない失点だった。

個人的には小曽戸(おそど)選手が好きですね。あのドリブルはなかなか止められないね。そして瞬間の速さも素晴らしい。惚れ惚れするね。
みんな、球を廻すだけでなく、キープできるんだよね。コンタクトしながらもキープできる。逃げない。前を向いてプレイしている。カットされるリスクを負いながらも、取られても素早く戻るし、相手は押し込まれているので単発の攻撃になってしまう。だから防ぐことが出来るのだ。

応援の方もよくなってきたね。トランペットとホルン(サクソルン系?)が加わって幅が広がった。これ許可されてるんだよね。いいなあ~。

試合後、ボールが投げ込まれ、私の奥さんがゲット!でも、隣にいた男の子にあげた。北九州の行橋から観戦に来ていたクラブの子供たち。その子は弁当を持ってうろうろしていた。何処に行くにも弁当を両手で胸の前に持って移動していた。5歳くらい?ちょっと運動神経ないね。子供って、じぃ~っと目を覗き込むんだね。何となく顔が鹿島の小笠原みたいだった。どこか自信のない、回りで何が起きているのかわかっていない顔をしていた。この子にとっていい思い出になったらいいね。
親から「このボールどうしたの?」と聞かれたら「貰った。別府でおばちゃんから・・」と言うのだろうか?

バサルバーガーはお奨めですね。それから、レプユニもお奨めです。個人的に。

来年の1月23日別府アリーナでの名古屋オーシャンズ戦。そして、2月20日大分県立総合体育館で最終戦に向けて、盛り上げていきましょう!!と、それまでに首位キープ宜しく!完全優勝目指せ!と目標高すぎ?まあ、今はこれぐらいの気持ちでなきゃね。
[PR]
by worsyu | 2010-08-30 10:10 | 地域ネタ | Comments(0)
<< なんちゃってトリニータ どうでもいい話 >>