粋と正義

粋(いき)と野暮(やぼ)について思う。
粋とは江戸時代の町人文化から生まれた美意識。火消しが粋で魚屋がいなせ、というよくわからない形容だ。洗練された、人情の機微に通じた粋人。遊びが上手とか。女性に対して意識している。つまり見栄を張る。媚態なのである。これは庶民の文化であり、反骨精神の発露でもあるのだ。そして、粋を楽しむことが人生の目的であったわけで、だから、「宵越しの金は持たない」などというやせ我慢というか破滅型価値観が尊ばれたわけなのだが・・・

現在、笑いで女性の受けを狙うことが一般化されていることは、まさしく、この粋の延長にあるものと思われる。逆に男受けする笑いをも吸収しようとする女性の貪欲さとバイタリティーはすごいね。

野暮は洗練されていないこと。田舎者と同一視されることが多いが、そうではない。粋の美意識から外れるものを総称して野暮という。そこには庶民が尊ぶ美がないのだ。金満の美意識こそ野暮の骨頂となる。(ベルサイユ宮殿が野暮で村上隆の作品が粋なのだ。ということ。だから怒る人が出てくるのは当然なのだよ・・・同じく、パリコレが野暮TGCが粋となる。)

この美意識というのは、日本文化に特徴的なもので、正義と同じくらい重要かそれ以上に重要な価値観なのだ。美しければ正義でなくても許される。
このことは、日本の精神性の弱さでもある。無宗教的な感覚の中で絶対的な価値観はなく、西洋のような罪という意識は希薄だ。日本では、恥という価値観がそれに変わる。他人に迷惑をかけない、周りと違ったことをしない。社会に受け入れられることに価値を見出す。
同性愛による婚姻を法律として認める国がある。一方、日本では、同性愛も売春も広く許容されている。しかし法律としては認めていない。

この粋と野暮、罪と恥というファクターを用いれば日本社会の出来事が見えてくる。
浦和サポがFC東京に対して「祝!!J2東京ダービー開催」という横断幕を出したそうだ。これは粋か野暮か?
トリサポが去年出した横断幕は粋か野暮か?
小沢さんと菅さんはどちらが粋か?
中国とアメリカはどちらが粋か?
イチローと松坂と松井は誰が粋か?
第2次大戦でアメリカと戦ったことは粋か?
同じく中国へ進出したことは粋か?
韓国を併合したことは粋か?
反省したことは粋か?
正義の講義をしているサンデル教授なら粋という価値観ではなく、正義という価値観で測るだろう。哲学的考察だ。
日本の場合は哲学ではなく感覚なのだ。美意識に弱い。時にそれは間違ったことであっても支持されるのだ。考える必要は無い。感覚だから。簡単なのだ。答えは。(正義は人それぞれ利害がぶつかり合う。だから最大幸福が正義と言われるが本当にそうだろうか?一方の粋は庶民感覚だから、明確だ。つまり、女性に受けて、反骨で、潔い、そして庶民感覚であること-これが価値基準。考えるな、感じろ!ということ。)
昔から何も変わっていない。この粋という価値観を利用すれば正義でなくても支持されるのだ。トリサポよ。

あの横断幕はひとつの正義ではある。はっきりとは言えないが、ぎりぎり粋でもあった。あれは、われわれを救ったのかもしれない。
結果はこれからのわれわれの行動しだいではあるが・・・
[PR]
by worsyu | 2010-09-17 01:47 | ひまネタ | Comments(0)
<< 米中の思惑の狭間で 宗教とモラル >>