負けてよかったと言われ

勝ってうれしくないわけがない。久しぶりの勝利だ。しかも相手は首位の柏。内容云々よりも結果として勝てたことをまず評価したい。
まず、高松が抜けたことが奏効したとも言える。前にも言ったが、今年の大分は守備がまるでなっちゃいない。だから、守備を固めることが最優先される。そのためには、サイド、ボランチを含め、また、最前線も入れた守備が機能することが打開に繋がる、と。
今回、高松が抜けたことで、前線は、守備を念頭に入れて、堅守速攻の形を再び手に入れたと言える。結果的に。
カウンターという手法は、誰が何と言おうと、決定的な場面を作ることが出来る。走力があればそれが一番効果的になるのだ。もちろん、抜けた後の決定力も大切だが。
今の大分で得点の香りを持っている選手は韓国人の2人だろう。もちろん、いろんな得点のバリエーションを持っていて欲しいが、今は、そぎ落とすことで攻撃の無駄、ムラがなくなり、効率化できる。対応できるところまで行けるだけ行ってもいいと思う。
GKを下川から清水に代えたことも評価したい。どこかで頼っているところが選手間にあり、それが失点すると弱気になってしまう。依頼心を克服するためにも、若手の台頭が望まれていたところだ。
ただ、今回は、柏側に退場者が出たことで救われた面もあり、そこから追加点を奪えなかったところに、現在の大分の力が見て取れる。逃げるだけで精一杯だ。まさか、横浜VS神戸戦のような審判の誤ジャッジなのか?といぶかったが、そうでもないみたいで、安心した。
3バックで池田が使えるのなら、ボランチに菊地を上げてみたいところだが、微妙なところだ。今は動かさない方がいいだろう。このままどこまで通用するか、やって見る方がいいだろう。
FWは、今回の3人の動きで良い結果が出たことで、核になるキムとの連携が獲れる選手をいろいろ試してみたいところだ。

この勝利がチームに与える影響は小さくないが、決して楽観できる内容とも言えない。柏の選手から「負けてよかった」と言われていることからもわかる(これは問題発言でもあるね。普通言わないよね。でも、考えようによっては、その選手の浅はかさがわかるし、悔しさが推し量れるね。よっぽど悔しかったんだろうね。名古屋の選手が「あんなサッカー」発言もうれしかったけど・・・)。一つのピースを誤れば再びチーム混迷に至るのは目に見えている。魂を共有して戦ってほしい。
これからチームが浮上していることを願っているが、結果、或る程度上がれたにせよ、来季の監督は「お前じゃない」というギャグを言いたくなるだろう。悪い人じゃないんだが、稀代の下げモチベーターだからね。
[PR]
by worsyu | 2010-10-18 14:22 | サッカー | Comments(1)
Commented by イスカ エア 150X 寝袋 at 2014-10-24 02:59 x
Do the following to learn more about watch well before you're left behind.
<< 千葉ロッテ ともちゃん結婚! >>