「ほっ」と。キャンペーン

千葉ロッテ優勝!!

千葉ロッテが中日を下し、日本シリーズ優勝を決めた。4勝2負1分。見事だった。
中日の落合監督が、「3敗まで大丈夫」みたいな発言をしたことで、中日の居丈高な姿勢が鼻についた。
確か、昔、森監督が同様のことを言ったような気がするが。名監督になりたい症候群に犯されているのだろう。
試合中もじっと表情を変えず、まるで、知将を演じているような雰囲気がある。これでカリスマ性を演出しているのだろう。
しかし、同点に追いついた時に、初めてにやけて笑っていた。ああ、これで、化けの皮が剥がれた、と思った。
対するロッテの監督の西村さんは人間性溢れる表情だったり、しぐさであったり、でも、それは強さの裏返し。正直に精一杯やっていることがわかった。

それにしてもロッテの応援はすごいね。声が出ている。音楽性も素晴らしい。マイナーがかったセンチな旋律もなく、好感が持てる。何よりもみんな楽しそうだ。おかげで頭の中にに旋律が残ってしまった。
トリサポも学ぶ部分が大いにある。教えを請いたいくらいだ。
今回の千葉ロッテの戦いは「史上最大の下克上」というキャッチフレーズが出てきたが、それを成し遂げられたのもサポのおかげだろう。それだけ応援が素晴らしかった。ナビスコを制した大分トリニータとちょっとダブル気がした。
応援の力ってやはりすごい。もっと、魅力ある応援を作っていけば、何かが変わり、何かが生まれるはずだ。求心力が生まれるのだ。

トリの今の応援にははっきり言って不満がある。乗り切れない部分がある。千葉ロッテの応援と比べて感じることがその全てだ。
今後に期待しているので、それを見せて欲しい。
[PR]
by worsyu | 2010-11-08 13:29 | ひまネタ | Comments(0)
<< メンタリスト 整理整頓から >>