強さを見せつけたU-21

U-21がのアジア大会で優勝した。
選手たちは走り回り、パスを廻しまくり、積極的にパスカットを試み、セカンドボールを拾いに行っていた。とても楽しそうに見えた。見ているこちらも楽しかった。
やっぱり、関塚監督はすごい。
短期間にここまでまとめ上げた力はすごいものがある。問題はこの勢いがロンドンまで続くかどうかなのだが、主力の香川や金崎、その他にもJリーグで活躍する選手がこれに加わるとメンバーは半分以上が代わってしまう。最終的にはロンドンのメンバーもこの中から半分ぐらい残るのだろうか?いずれにしても、若い世代のポテンシャルの高さを見せ付けた形ともなった。
主力が抜けていても結果を残した。しかも、図抜けた力強さを見せて優勝したのだ。
永井、水沼、東、山崎。
今大会で活躍した選手たちは、今後、ロンドンへの生き残りを掛けて、Jリーグで活躍していくことになるだろう。

関塚監督が就任し、結果を出したことで、改めてサッカーにおける監督力というものを感じた試合だった。
この人、やはりすごい。
そして、永井はすごい。
[PR]
by worsyu | 2010-11-26 08:57 | サッカー | Comments(0)
<< 福山龍馬 府中戦 >>