「ほっ」と。キャンペーン

不思議な人たち

こんなこと言っちゃあ何だけど、なぜ協賛割引をしないのか、できないのかが数年前からとても不思議に思っている。
たとえば、トリニータ後援会に入れば特典として協賛企業が割引サービスをするという、どこでも日本全国やっている単純なやつ。
企業は顧客増、売上増になる。会員は、もちろん割引サービス、特典を享受できる。トリニータ後援会は会員数の増加と協賛企業の参加金による募金が見込める。
まあ、これまでできなかったのは、何かが障害になっていたんだろうけど。それともやる気がないだけなんだろうけど。
3者ともwin-winになる協賛プロジェクトをやらないのが不思議でならない。
無駄な広告宣伝も必要ない。ただ扱う商品をWebサイトに載せればいいだけ。企業や個人商店はPRにも繋がるし、地域貢献にもなる。
県民は元が取れるかもしれない。しかも支えているという満足感も得られる。トリニータ後援会は、1万人会員などあっという間に達成するだろう。うまくやれば5万、6万は当たり前に達成するのではないか?

不思議だなあ~
なぜ何もしないんだろうか・・・・
なぜ、頭使わないんだろうか・・・・
なぜ県内の企業は協力しないんだろうか・・・・

おそらく、このブログを見ている人たちも不思議に思っているだろう。もっといろんなアイディアがあるはずなのに。
[PR]
by worsyu | 2010-12-08 11:04 | 地域ネタ | Comments(0)
<< ポポビッチ復帰~夢じゃないよね ファン感に思う >>