「ほっ」と。キャンペーン

1秒の奇跡を見た

残り1秒の奇跡が起こった。相手が一人退場して攻め続けるが、残り時間はわずか1秒。ディドゥダのシュート気味のFKに仁部屋がゴール横で合わせてゴール!!0.5秒の出来事だった。
こんなことがあるんだね。名古屋の方は、壁に二人。そしてリカルジーニョがその横に居たが、仁部屋のところは空いていた。どこか油断があったのだろう。しかし、まさか、こんなことが起きるとは。
ディドゥダのあの力任せのシュートに合わせるなんて誰も考えなかっただろう。まぐれなんだろうか、それでも練習していないとできない芸当だ。
これで、来季への希望が見えてきたね。絶対王者名古屋に土を付けたのだから。まあ、先のことはわからんが。

代表戦は、なんとも大味な試合だったね。確かに一人少ない中で同点、逆転したことは評価できるが・・・GKの川島は何なんだ。これじゃあ韓国と闘っても勝てないよ。って、西川が出てきて怪我するくらいなら川島のままでいいよ、と思っている人多いんじゃないか?・・・
敬愛する風間氏も言っていたが、前田がいなくなって、香川が活きてきた。つまり、前田には一人付けば十分だということ。相手は引いているのでそこにスペースを見つけることは難しい。それでも、岡崎は裏を狙っているから怖い。スピードがあるから一人では振り切られる可能性がある。引っ張られる。だからそこにスペースが生まれる。香川とのコンビが上手く機能した原因はそこにある。というか、前にも書いたが、前田が抜けることがReスタート、ギアチェンジの合図になっているような感じに見える。結果として、ね。
もちろん、韓国は別だ。スペースはあるだろう。しかし、韓国のDFは強い。足も速いから、サイドの攻防は熾烈だろうね。
今度潰される日本のDFは誰だろう。
今野、伊野波、岩政?怖いねえ・・・
でも、そこまでしなくても、今回の日本代表なら韓国は2点は奪えるだろう。守備がとにかく悪すぎる。不安定だからだ。それでは、先制されて、追いつき、逆転する力が代表にあるかと言えば、無い。
試合展開としては、1点リードのまま、追いつかれても延長に持ち込み、ワンチャンスで決めるしかないのではないか?
(しかしまあ、福田は軽いねえ。今回、あの人、格を下げたね。指導者としても、解説者としても。監督を要請されたというんだから驚きだ。彼が監督になる日が果たしてくるのだろうか?なるとしたら、どん底に落ちたチームだろうなあ。
浦和を離れて生きていけるのか?あのキャラで・・・・?都並と同じ道に乗っているようで・・・それも失礼な話か。秋田の論理も策におぼれる典型で同意できないが・・・
まあ、本当にどうでもいいことだけど・・・)
[PR]
by worsyu | 2011-01-24 12:49 | サッカー | Comments(0)
<< 勝ったね 高松大樹 >>