舐めすぎ

MAKKYがMC。ちょっと、ひどくないか?
これはちょっと醜い。
やる気があるのだろうか?
やってはいけないことの連発。
いくらローカルのイベントだからと言っても、これはひどいね。
サッカーが好きか嫌いかという以前の問題。
何か勘違いをしているのだろう。
お客様は、観客であり、その観客が支持しているゲストもまた客である。MCは基本、相手をたてなければ成り立たない。あなたはみんなの上司なのか?それとも、友達なのか?
勉強もしてきていないし、盛り上げ方もぞんざいである。
インテリジェンスの欠片も感じさせない。
どこかのアンちゃんにインタビューしているようだ。まるでリスペクトしていない。
みんな、よく我慢して聞いていられるものだ。高校生の素人MCと大差ないではないか・・・・
作田なんかは、水戸から来て、大分ではサッカーに対する感心が高いと思っていただろうが、こんな仕打ちをされると、ちょっと考え直さなければならないと思っただろう。

こういうトークショーはMCが全て。MCの出来不出来で決まってしまう。大野タカシだったら、こんなにひどいことにはなっていなかっただろうに、残念ながら彼はバサジィの最終戦のMCをやっていた。

観客の心は離れ、選手の心も離れている中で、彼は一部の熱狂的なファンの寛容さにすがって進行しているだけだった。
下手なら下手なりに、誠実さがあれば成り立つのに、それが無いために不愉快な気分にさせられた。この手合いはローカルの釣り番組あたりでバカらしく楽しんでいればいいのだ。
子供使ってごまかすしかないか・・・・・
身も心もJ2レベルに突き落とされた。くやしいね。

久しぶりにパークプレイスで遭遇した最低イベントだった。


ところで、中田ヒデのHPを久しぶりに開いてみたら、タイの農村にトリニータのシャツを着た女性が・・・と勘違いする写真を見つけた(ていうか、青に黄色って東南アジアによく似合うねえ。シバコがんばってるなあ。)。タイは無理でも、カンボジアとかバングラデシュとかの農村にTシャツを送ることってできないかなあ~。トリニータのTシャツを着た子供や女性、そして、じいさんの写真を見たらうれしくなるよねえ。
そんなことをふと思いました。
APUに居る留学生が音頭をとってやったら、そういうのって楽しいんじゃないかなあって思った。
[PR]
by worsyu | 2011-02-21 11:16 | 地域ネタ | Comments(0)
<< 走りましょうか・・ 落語は志ん朝につきる >>