「ほっ」と。キャンペーン

スタートしましたね

みんな好きだねえ。雨の中、集まる集まる。1200人くらいいたかな・・・?パブリックビューイング。
開幕。やっぱりうれしいね。
トリニータの選手の胸にはスポンサー名が。慣れていくうちに、そこに白い文字があれば安心する。大分慣れてきた。やっぱりアズーリ。格好イイ。
試合の方は、一進一退。お互いにチャンスを作り、潰し合った。岐阜のFWはスピードがあり、怖かった。しかし、押さえどころがはっきりしているので、注意していれば大丈夫なのでは?と思えた。大分の方は、よく走っていたよ。攻撃も積極的に展開していたし、チャレンジしていた。小さなミスはいくつもあったが、J2ならば許せる範囲でもあったか。精度を高めていかないと。守備に関しては不満が残る。がんばっていたけどね。安定という言葉からはかなり遠い。
岐阜の戦い方は前線が突破力があるので、カウンター主体の闘い方をしていたと思う。こういう場合、先取点がどちらに転ぶかで決まる。岐阜に取られるとやっかいなことになるし、逆に取れば、岐阜はバランスを崩してでも前に出てくるから追加点のチャンスも生まれるだろうと思って見ていた。
前半を終わった時点で、そんなに悪くない。対岐阜ということでは、有利に試合を進めているように見えた。これが90分持つか、というところを今回は見たかったわけだが・・・・

待望の先取点は森島。右サイドのスルーに抜け出した西がギリギリまで引き付けてエンドライン際で折り返し、ファーサイドにいた森島はフリー。基本に忠実にヘッドで押さえたゴールを決めた。きれいな形。誰も文句の付けようのないゴールだった。
その前に、岐阜は後半開始から飛ばしてきた。それを凌ぎ、森島の投入が当たった形となった。
今回の審判はよく見ていた。いい審判だと思う。あやうくPKかと思われたシーンもよく見たら掛かっていない。逆にシミュレーションかと言えなくもないが、そこまで悪質でもない、微妙なところ。
さあ、追加点も狙える体制になったと思った途端、イが2枚イエローを出して退場。いったい、何なんだ。彼は何を考えているんだ。自分本位。もし、引っ張る癖が付いているんだったら怖くて使えないぞ。
松原もいっぱいいっぱい。
終わりに掛けて、メンバーが変わったけど、こういうのは受け継がれるんだろうかと思わせる試合の終わらせ方。なかなか落ち着いていた。一人少ない中でも、慌てず試合をリードし続けた。最後まで走りも落ちたように見えなかった。
まだ、まだ。始まったばかり。まだ何とも言えない。一ヶ月ほど見ないとわからない。5節を終えた時点で勝ち点が10点以上なら結構期待しちゃうよ?FCに当たるまで負けたくないね。できたら、だけど。J1の雰囲気を味わいたいよ~・・・その思いはFCも同じだろう。「腐っても鯛」(どっちが腐っているかどうかはこの際言いっこなし)
優勝したかのようにサポーターの前ではしゃぐ選手たち。でもまあいいか。素直に喜びを共感しようよ。岐阜まで行かれたサポは大変だっただろうが、幸せ者だね。うらやましいね。
「江戸っ子だけどトリサポ」の弾幕が嬉しすぎる。
インタビューに答える森島を見ながらちょっとウルルン。

久しぶりの開幕勝利。やはりうれしいものだ。この感覚はやはり何ものにも換えがたい。
[PR]
by worsyu | 2011-03-07 12:52 | サッカー | Comments(0)
<< ホーム開幕近づく 新妻聖子(にいづませいこ) >>